スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛知県のトマトとキャベツについて

 どうもこんばんはライネです。

 今日は愛知県の農業について見て行きましょう。
 愛知県は、東京、大阪に次ぐ大都市が広がっているイメージを持っていたので、
 あまり農業は盛んではなさそうだったのですが、
 大都市への近さを利用した農業が盛んのようです。

 主に東京大都市圏へ向けた農業を関東地方で行っているように、
 愛知県では主に名古屋大都市圏へ向けた農業が行われているというわけです。

 関東地方の農業を1つの県にコンパクトに集中させているというイメージを
 新しく持ちました。


 以前説明した酪農なんかはまさにそういった傾向が出ているようです。
 また、トマトやキャベツの収穫量が高いのですが、
 収穫時期の違いまで調べてみると、面白い結果が出ました。

トマトの収穫量

 愛知県とともに千葉・茨城が出てくるあたりはまさに「コンパクト関東」なのですが、
 愛知県では冬から春にかけての収穫量が特に多いことが解ります。

 トマトは暖かい気候の方が作りやすいらしいのですが、
 夏本番になってしまうと、少し暑すぎるようです。
 というわけで、冬でもそこそこ暖かい地域では冬~初夏に作り、
 夏でもそこそこ涼しい地域では夏~秋に作られているようです。

 この場合どちらかといえば、愛知県は前者にあたるようですね。


キャベツの収穫量
 
 キャベツについてみてみると、群馬県に次ぐ収穫量なのですが、
 群馬県のキャベツが夏~秋を中心に作られているのに対し、
 愛知県ではそれ以外の時期に作られているようです。

 キャベツは涼しい時期に作りやすいらしく、
 夏でも涼しい地域では夏に、
 その他の地域ではそれ以外の時期で作られるようです。
 
 なので、愛知県は後者にあたるわけですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。