FC2ブログ

お茶といえば静岡県

 どうもこんばんはライネです。

 すももももももせいようすももくるみも、中央高地ではよく作られているようです。
 漢字で書けば李(酢桃)、桃、西洋李(プルーン)、胡桃ですので、どれだけ桃なんだ!
 と、思いましたが、李は「酸っぱい桃っぽい果物」という意味から付いているらしいので、
 あまり直接的な関係はないようです。

 
 さて、今日は東海地方の農業を見て行きましょう。
 静岡県の農業を語る上で、無視できないのは、お茶です。
 
 静岡のお茶はとても有名なので、ぶっちぎりの1位だと思っていたのですが、
 実は僅差で鹿児島県が2位につけているようです。

お茶の生産量


 日本のお茶は中国に留学したお坊さんたちが伝えたものらしく、
 静岡県のお茶は静岡県出身のお坊さんが地元で育てたところから始まっているそうです。
 そこから、明治時代になって大規模なお茶の栽培が始まった結果、
 静岡県が現在のようなお茶の生産地となったそうです。

 そんな静岡県ではかなり広い範囲でお茶を生産しているらしいのですが、
 その中でも知名度が高いのは、「牧ノ原台地」というところです。

牧之原台地


 元々は異なる利用をされていたらしいのですが、
 江戸時代から明治時代になった頃に、仕事が無くなった武士(明治時代には士族と呼んだ)
 の方々が中心となってお茶の生産地にしていったそうです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック