スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プランテーション農業とは

 どうもこんばんはライネです。
 さて、今日は企業的農業の最後の農業、「プランテーション農業」について、
 とうとう足を踏み込みたいと思います。


 まず、プランテーション農業で作られている物ですが、
 お茶、コーヒー、サトウキビ、天然ゴム、バナナ、カカオなどなど、
 多岐に及びます。

 一見しただけでは統一感が無いようにも思えるのですが、
 これらは「作るのに適した環境が比較的狭い」ということと、嗜好品が多い
 という特徴があります。

 要するに「そこでしか作れない嗜好品をたくさん作る」というものなので、
 広い意味では地中海式農業にも似ています。


 ただし、この農業が始まった経緯を見ると、他のどんな農業とも違っています。
 プランテーション農業を行っている国の多くは、「植民地支配」を受けた過去があります。

 植民地について詳しくはまたの機会に説明するとして、
 「何でも言う事を聞かせられる国」とでも言えばよいでしょうか。

 例えば、お茶が好きな国が、お茶の葉を作りやすい地域を植民地支配して、
 その地域に住んでいる人にお茶の葉をたくさん作られる。
 こんな関係からはじまったのが、プランテーション農業という訳です。



 ちなみに、現在では植民地というものは無いことになっているらしいのですが、
 プランテーション農業自体は形を変えつつ行われています。

 というのも、確かにはじめは強制的に始めさせられた農業だったとしても、
 「経営的にはうまい」のです。

 お茶を飲む人は全世界に沢山いるので、現在でも良く売れます。
 元々お茶を作りやすい土地だったので、簡単に作れるうえに、
 やらされていたとしても、技術は身についているので、新しく何かを始めるよりも、
 手っ取り早い上に、儲けも期待できるという訳です。


 ところが、この農業には少し問題が付きまといます。
 明日はこれについて詳しく見て行きましょう。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。