スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企業的牧畜に不可欠なもの

 どうもこんばんはライネです。
 いきなりですが「Q.E.D~証明終了~」に登場した推理問題です。


 ある冬の日、ロシアで凍死した男性が発見されました。
 発見現場は街から30km離れた森の中で、目撃者はいません。

 亡くなる前日に酒場に居ることを目撃されていたため、
 警察は当初、酒に酔って森に迷い込んだうえでの凍死、つまり事故死と考えました。
 しかし、この男性は酒に強く、また仕事にも行き詰っていたことから、
 自殺とみて捜査し、体内からは睡眠薬が検出されました。

 けれども、この事件を調べると、あるべきものがみつかりません。
 この「あるべきもの」とは何でしょう?
 

 

 燈馬くんによれば それは遺書でも財布でも服でもなく、
 車がなくては自殺できないそうです。




 では次の問題です。
 
 オーストラリアでは2010年度に211万トンの牛肉が生産されました。
 オーストラリアの人口は2300万人なので、一人当たりに直すと約0.1トン、
 つまり老若男女全員が年間約100kgの牛肉を食べることになってしまいますが、
 そういうことではなく、多くのオーストラリア産牛肉が海外へと輸出されており、
 日本では「オージービーフ」としてお手頃価格で売られています。

 さて、このようにオーストラリア国内で消費する量よりも多くの牛肉を作るために、
 必要な「あるべきもの」とはなんでしょう?




 
 それは、肥育場でも、エサでも、広い土地でも、適した気候でもあるのですが、
 最も必要なものは「冷凍庫つきの船」、つまり「冷凍船」です。

 農業は慈善事業ではないので、農畜産物は売れるからこそ大量に作っています。
 国内で販売するならば、トラックがなければ遠くまで運べません。

 ところがオーストラリアのように他の大陸と離れている場所ではトラックでは運べません。
 なので、船か飛行機が必要になってくるのですが、
 飛行機に乗せてしまうと値段が高くなってしまうため、選択肢は船となります。

 けれども問題がありまして、オーストラリアから日本へは船で数日かかってしまいます。
 さらには、赤道を通過するため、普通の船で運んだ場合、日本につくころには、
 「夏場に買ってきた牛肉を数日間常温で放置した」結果と同じものになってしまいます。

 つまり、海外に牛肉を売るためには「冷凍船」がどうしてもひつようになるのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。