スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先輩たちの道具

 いままではGeographico!と検索しても、「もしかしてGeographicaですか?」と言われ、
 このブログが見つかりにくかったのですが、今日確認したところ、
 Geographicoですぐに検索できるようになっていました。
 こんばんはライネです。


 連続科博日記第6回目をお送りいたします。
 やっとこ地球館地下3Fまで説明したのですが、お気づきかもしれませんが、
 「まずはメートル原器(レプリカ)です」と言っています。
 ということで、今日も地下3Fの話題です。

 次に目に留まったのが、こちらの装置です。

子午儀

 こちらは子午儀というものだそうです。
 子午という名前は、このブログでもなじみのあるものなのですが、
 どのように使って、何をどうする物なのか全く見当もつきません。

 調べてみると、天体が子午線上を通過する時刻を精密に観測することのできる装置だそうです。

 それこそ、天地明察に登場するような古い道具なので、実際の使い方は良く解らないのですが、
 私の予想では、この装置は中央にある煙突のようなものが、奥から手前に回転するのでしょう。
 まずはこの回転を子午線に合わせる(南北方向に動くようにする)ように調節します。
 そうすれば、動きのわかっている星がこの装置に見えるようになると、今が何時かわかります。
 逆に時間が解っていれば、正確な経度を計測することもできるでしょう。


 つまりこれは、このブログでいうところの、
 「時間の決まり方」や「緯度経度を計測する方法」では太陽を使っていたものを、
 他の星でもできるようにした装置なのだと思います。


 そう思うと、凄く親しみのある道具に見えてきますね。
 ちなみにこれだけでは、経度しか計測できませんが、六分儀という装置を使えば、
 北極星の高度(角度)を細かく計測することができるので、緯度を知ることができます。

 こういう話を知ってしまうと、やっぱり天地明察を見たくなりますね。
 まだやっているそうなので、ちょっと見てこようかな。
 実は今、先生がものすごく忙しそうなので、なかなか誘いにくいのですが…


 飛ばしてしまったのですが、2Fで見た江戸時代の精密な日本地図を作る時に、
 使ったと言うこんな道具も展示していました。

江戸地図1

 これも高度(角度)を測る道具でしょうね。
 あとは、ころころ転がして距離を計測する道具もありました。

江戸地図2


 それにしてもこんな簡単な道具であんな地図を作れるのがすごい話だと思います。
 先生が教えてくれた話によると、その後どこかの国が地図を作らせてくださいと、
 日本にやってきたときに、あの地図を見せたら、必要ないと判断して帰っていったそうです。
 今の人工衛星からの写真と比べても誤差程度の違いしかないというのも驚きです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。