スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の七草

 謹んで初春のお慶びを申し上げます。
 ライネでございます。


 お正月くらいは何か時事に沿った話をしようと思ったのですが、
 悲しいくらい何も思いつきません。

 強いて言うなら昨日の紅白歌合戦を見た先生が、

 「せっかく進撃の巨人を紅白でやるんだから、
 小林幸子の衣装の感じでスタジオに巨人出現させて、
 立体軌道ばりのワイヤーアクションで飛び交えよ!」

 とか、

 「漫画ファンの皆様はこういうのがお好きなんですよねってスタンスで
  どん引かれるのがNHKのあるべき姿だろう!」

 とか、

 「普段は勉強しろとかうるさいのに、たまに子供に理解あるところを見せようと思って
 漫画とかアニメとか勉強して、最近のアニメは~とか話題をふって子供から苦笑いされるような、
 ちょっと哀愁漂う親父みたいなNHKがなんだかんだで好きなんだよな・・・」
 
 とか、お酒も飲んでないのに面倒な絡み方をしてきて、
 とても扱いに困りました。


 
 さて、今日は「春の七草」について調べてみました。
 「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ」
 という7種類の草をおかゆにして食べる日本の風習があるわけです。

 これらは元々は稲刈りを終えて冬になり、次に田植えをするまでの水田に生える雑草なのだそうです。
 というわけで基本的にはその辺に生えているのですが、田んぼの少ない都会では、
 わざわざこの時期になるとスーパーですべてそろえたものが売っています。

 形を変えてでも伝統的なことが続いていくのは面白い風習ですね。


 ところが、中には通称との違いから、割と身近にあるものなのに、
 春の七草だと気付かれていない物がいくつかあるようです。

 わかりやすい所では、ナズナがそれです。
 通称は「ぺんぺん草」なので、そう言われれば解るけれど、
 ナズナと呼ばれても解らないということもあるでしょう。


 この他にも「ごぎょう」はこっちの方が通称で、正しくは「母子草(ははこぐさ))」
 「はこべら」も正しくは「ハコベ(もしくはコハコベ)」、
 「ほとけのざ」も正しくは「子鬼田平子(こおにたびらこ)」と呼ぶそうです。

 びっくりさせられたのは「すずな」と「すずしろ」でして、
 「すずな」はカブ(の葉)のことで、「すずしろ」は大根(の葉)のことなのだそうです。


 民間療法なのかもしれませんが、
 これらの七草には、消化を助ける働きがあるらしく、
 贅沢なお正月の食事でもたれた胃の調子をよくするといった理由もあるようです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。