スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メートル・ルール

 地球館とはいうけれど地球という惑星の事についてはそれほど展示がないんだなぁ。
 らいね。

 どうもこんばんは。 
 正しくは、「人間を含め地球上に古今存在した生物館」なのでしょうね。
 そんな科博報告日記も5日目です。

 屋上まで昇ったので、次は一気に地下3Fまで降りました。

 地下3Fってのがそもそもすごいですね。
 あちらの世界でも地下階というものはありましたが、貯蔵庫や牢屋などが精々でした。
 そう考えると、東京スカイツリーなんていう高い建物もあったりと、
 こちらは建築技術でも相当なものを持っていることが分かります。

 わたしの常識では、あんなに高い建築物を作る必要はないと思うのですが、
 電波などに関係して必要に迫られた結果作られたそうですね。

 あんな建物でも、この前のタンジェントを使えば簡単に高さを計測できるわけで、
 時間をかけて考察して良かったと思いました。


 さて地下3Fのテーマは、宇宙・物質・計測です。
 宇宙や物質に関しては、これまでに読んできた書籍でほとんど予習済みだったので、
 あまり真新しい発見はありませんでした。

 そんなコーナーではありますが、地下3Fという本来ならば光も差し込まない場所にも関わらず、
 宇宙線を観測できる装置が置いてあります。
 この装置は何か特別な霧が充満しているらしく、ここに宇宙線が入ると白い線になって現れます。
 簡単に例えるなら埃が舞う部屋に光が差し込むと、その光が線になって見える現象に似ています。

 宇宙線というものが何でも通り抜けてしまうことは大体理解していたのですが、
 こんなに地中深くでも、ものすごい頻度で観測できる様子を実際に見ることができました。


 個人的には宇宙や物質よりも計測コーナーのほうが興味深かったです。
 まずは、メートル原器(レプリカ)です。

メートル原器

 前々から、長さに関しては解説しておこうと思っていたので、ちょうどいい機会です。
 恥ずかしい話なのですが、私のいた世界では、長さに関して正確な基準はありませんでした。
 というより必要に迫られなかったのでしょう。

 こちらの言葉に無理やり変えれば国家定規と呼ぶような物があるのですが、
 何か明確な決まりがあって長さが決められたわけではなく、
 私の記憶では確か国王の歩幅か何かが基準だったはずです。

 大抵これが各家庭に1つずつ配られているので、どんな人もこれを使うことで、
 一応は、統一された長さを共有していました。
 しかも面倒なことに、先代の国王と仲の悪い人が王になったりすると、それも変わります。

 これは以前、成人男性が背筋を正して歩くときの歩幅が使われていた名残なのですが、
 見栄を張って、ものすごく長い定規を作る王もいたりして、非常にあやふやでした。
 

 こちらも、昔は似たようなものだったそうなのですが、1790年にはこれが明確に決まります。
 しかも頭の良いことに、誰もが納得する地球の長さを基準にしたそうです。

 具体的には子午線(縦線)一周分、つまり地球を縦に一周した長さの4千万分の1の距離を
 1メートルと定めたわけです。
 逆に言えば、地球の一周は4千万メートル(4万km)ということができますね。

 ところが実際には地球は真球ではなく、計測地点によって若干の誤差が生じるなどの不具合が
 あったのですが、若干の違いはあれど、1960年までは地球の長さを元にして厳密に作られた、
 メートル原器が1メートルの基準になったそうです。


 でも、これって、明確で普遍的な基準があって、厳密に作られたものではありますが、
 意味的には、私にもなじみ深い国家定規とほとんど同じ物ですよね。
 ちょっと前までは1メートルの基準となるもの(原器)をもとに、全ての長さが決められていた
 というから面白いです。

 ただ、どんなに厳重に保管していても時間が経てばどんなものでも変化してしまうので、
 現在は1983年に決められた以下の定義をもって1メートルとしているそうです。 

1メートルとは1秒の299,792,458分の1の時間(約3億分の1秒)に光が真空中を伝わる距離



 ただし、これにしてもたった30年前の出来事ですので、
 現在進行形でもっと良い1メートルを決めようという動きはあるらしいです。

 とはいえ、例え最新の1メートルでも、どんな時代の1メートルも、日常生活で計測する分には、
 ほとんど誤差以下の、違いでしかなく、目で確認できるものではありません。

 宇宙の果てまでの距離を計算しようとか、膨大な距離を考えれば誤差が積もって
 意外と大きな違いになるかもしれませんが…。


 そんなころころ変わるくせにものすごく厳密に決まっている1メートルですが、
 私のいた世界の「成人男性の1歩の距離」ともあまり変わらないというのが、笑える話ですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。