スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カナート・カレーズ・フォガラ

 どうもこんばんはライネです。
 今日テレビでやっていたロボット大会がすごかったです。

 ロボコンという大会もあることは知っていたのですが、
 今日やっていたのは等身大人型の格闘技だったので、衝撃を受けました。

 技術そのものも衝撃なのですが、こういう大会が開かれることによって、
 それを目指そうとする人が増えれば、切磋琢磨というか市場原理というか、
 ただ単純にロボットを作るだけでなく、だんだんと技術が磨かれていくと思います。

 そう遠くない将来には、人間と変わらないようなロボットができても
 おかしくないかも知れません。


 ちなみに、古い漫画らしいのですが、ツインシグナルという漫画では、
 ロボットプロレスが一般化されているのですが、
 主人公のロボットはあまりの高性能さに出場禁止という一場面があります。

 日本の場合、既に50年以上前からアニメや漫画の世界でロボットが活躍し、
 それを見た人たちが自分も作ってみたいと、かなり真面目にロボット製作をしているそうです。
 50年以上前に少年だった人たちが社会のかなり上層部にいるわけで、
 ロボット分野では世界をリードしているそうです。
 
 空想が現実になるというのも面白いですし、
 それをアニメや漫画が支えていると言うのは日本らしいですね。
 


 さて、今日はさくっと地下水路の解説をしてしまいましょう。
 昨日は上空からの様子を見てもらいましたが、断面図を書いてみました。

カナート



 ちなみに、この手の地下水路なのですが、地域によっていろいろな呼び名が存在しているそうです。
 詳しい数は解りませんが、20~30くらい呼び名があるらしく、
 さすがに全てを説明することはできません。

 ひとまず、有名なところを押さえますと、
 イランで見られるのが「カナート」。
 これが一番有名な地下水路なのだそうです。


 そして、アフガニスタンで見られる「カレーズ」、北アフリカで見られる「フォガラ」。
 このあたりも良く登場します。

 また、中国や日本などでもこの手の地下用水は見ることができるそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

学生の時にイランの用水路でカナートのこと事を知り
以来、一度、カナートの内部を見てみたいな、という思いが
いまだにあります。メンテナンスのために掃除も定期的におこなわれると
思うのですが一般人は、ほんの少しでも中に入る事ができないものかなぁ・・・
とか、中を覗かせてもらえないのかな・・・・とか・・・。

日本にもカナートがあるなんて知りませんでした。
砂漠地帯だけに存在すると思ってましたので。

勉強になりました。又、読ませて頂きます。
プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。