スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔の地図なのに・・・

 科博報告ブログ3回目。

 地球館2Fは技術の階です。
 手前の楽しそうな実験コーナーで子供に混じって遊んだあとは、
 その奥にある、渋い技術の歴史コーナーが待っています。

 宇宙開発、コンピューター、テレビ、飛行機、電球などなど、
 もはや当たり前に存在しているかのように見える便利な道具がどうやって
 生まれたのかを知ることができます。


 その中で私が興味を持ったのは、まずは内燃機関(エンジン)です。
エンジン

 たぶんこちらの世界がここまで便利に見えるのは、電気と内燃機関によるところが大きいと思います。

 この前も説明したとおり、私の知る動力というのは人を含めた動物の力というのがほとんどでして、
 あとは風とか水とか、あまり使い勝手の良い物ではありませんでした。
 どうにかして、この内燃機関を理解したいのですが、工学の知識が全くない私にはまだ難しいところです。

 そういう訳で、電気も興味深いですね。
 電気そのものは解っているつもりなのですが、これが光になる理屈についても興味があります。



 そして、日本の江戸時代の様々な道具が展示されているコーナーもあります。
 江戸時代とは、今から大体400年前ということは知っていたのですが、
 思った以上に発展していたのですね。
 先生、今度は江戸東京博物館に連れて行ってください!


 そしてやっぱり、私の興味は地図でした。
 まだ宇宙どころか空を飛ぶ技術のない江戸時代にして、すでに、簡単な道具だけで、
 ほぼ完ぺきに近い日本地図が完成されていたという衝撃の事実。

日本地図

 ということは、あちらの世界でもやろうと思えば、もっと正確な地図が作れたのでしょう。
 地図作成といい、天地明察の天文学といい、展示されていた和算といい、
 400年前なのにすごいよ日本。

 そういえばこんなのありました。

世界地図600

 今の世界地図に比べてもかなり正確な世界地図ですね。
 坤輿万国全図(こんよばんこくぜんず)というそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。