スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジア以外での稲作地域

 どうもこんばんはライネです。
 今日は稲作に関する数字を調べてみました。


 まず、2010年時の世界の米生産量は67,202万トンだそうです。
 地域ごとの内訳を円グラフにするとこんな感じになります。

米の生産量

 やっぱり、モンスーンの影響を受けるアジア地域で盛んに行われているだけあって、
 アジアが世界の米の9割を生産していることになりますが、
 実は残りの約10%はアジア以外でも生産されていると言うことが解ります。

 確かに稲とは言っても植物なので、気候的な条件さえそろえばどこでも栽培は可能なようです。
 ちなみに残りの割合は、南アメリカ3.5%、アフリカ3.4%、北アメリカ2%、ヨーロッパ0.7%
 となっています。

 国別でみると、圧倒的にアジアが多い中で、ブラジル、アメリカ、マダガスカルなど、
 アジア以外の地域も出てくることが解ります。 

米生産国

 というわけで、稲作はアジア以外でも行われているのですが、
 ホイットルセーさんの農業地域区分では、アジア以外で「集約的稲作農業」が行われているのは、
 マダガスカルのみで、アメリカやブラジルでは他の農業が行われていると書かれています。


 でも、地図帳で可能な限り調べてみると、アメリカではサクラメント川の流域や、
 ミシシッピ川の河口部、ブラジルではリオグランデドスル州などで、
 稲作が行われていると書かれていました。

アメリカの稲作地域


 ちなみに、今後出てくる農法なのですが、ホイットルセーさんの農業地域区分では、
 サクラメント川流域では「地中海式農業」、ミシシッピ川河口では「プランテーション農業」、
 リオグランデドスル州では「混合農業」が行われていると書かれています。
 ここから推測できることは、

 「ホイットルセーさんによる農業地域区分が行われたあとに、
  新しくこれらの地域で稲作が行われるようになった」

 もしくは、

 「稲作ではあるけれど、異なる農業によって作られる農作物のひとつと扱われている、
  つまり集約的稲作農業だけが、米作りではない」。

 ということが読み取れます。
 どうやら農業地域区分は年々、改良されているらしいので、
 それを考えると、後者の方が正しいようですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。