スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稲作を行いやすい場所

 どうもこんばんはライネです。
 長らく脱線しましたが、集約的稲作農業の話に戻ります。

 集約的稲作農業がモンスーンの影響の強いアジアで行われているというのは
 説明した通りなのですが、地域によってやり方が微妙に違うようです。

 という訳で、そのへんの様子を見て行きましょう。
 まず、日本の場合、ほとんどの稲作は水田を使って行われていますが、
 畑で作ることができる稲もあるらしいので、
 稲作は絶対に水田で行われているというのは少し間違いです。

 逆に水田ではワサビなどを作ることがあるので、
 水田では絶対に稲作が行われていると言うのも間違いです。


 間違いですが、ほとんどの場合、水田と稲作は切っても切れない関係にあり、
 日本の他の稲作地域でも水田が使われている地域の方が圧倒的に多いようです。

 ちなみに、先ほどの畑での稲作を「陸稲(りくとう・おかぼ)」と呼ぶらしいのですが、
 手間は畑の方が楽なものの、長い目で考えると水田の方が良いそうです。

 水田を使う場合、稲を植える前に、他の場所で稲を種からある程度育てる必要があります。
 それに対して、畑は種をそのまま植えることができるそうです。
 けれども、水田ならば、水が土地の栄養分やら悪い成分をうまい具合に均してくれるそうです。
 その結果、何年も同じ場所で稲作を行うことができるのだとか。


 そして、水田の場合、水を張る必要があります。
 単純ですが、これがなかなか重要なポイントなのです。

 水を張るということは、土地が平らでなければ、どこかが深くなったり浅くなったり
 してしまう訳です。
 稲の品種によっては深い場所で育つものもあるらしいのですが、
 ひとつの水田の中で水の深さを考えて作る品種を変えるというのもおかしな話です。

 そんなわけで、水田を作る場所として平らなところが重要になってくるわけです。
 そうなってくると、日本のように新期造山帯に属する地域は、
 あまり水田に適した土地が多くないと言う問題を抱えていることになります。

 そういった場合、斜面を階段状に作り替えて、狭い水田をたくさん作るという、
 「棚田(たなだ)」という方法もありますが、そういう場所では今度は、
 田植えや収穫などに大型機械を使うことが難しくなってしまいます。

 というわけで、水がたくさんある平らな土地というのが、
 稲作を行う上でとてもやりやすい場所のようです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。