スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乾燥地の遊牧民②

 どうもこんばんはライネです。

 さて、それじゃあ今日も遊牧民について見て行きましょう。
 乾燥地の遊牧民として、注目したいもうひとつの民族が「ベドウィン」と呼ばれる人々です。

 西アジアから北アフリカに至る、いわゆるアラビア語を使う地域で生活しているそうです。
 気候的には中央アジアの場合は半乾燥地域でしたが、こちらはより乾燥のきつい砂漠気候地域ですね。


 ちなみにこのあたりの地名や住んでいる人を「アラブ」・「アラビア」と呼ぶのですが、
 元々アラブという言葉はベドウィンを指していたそうです。

 このアラブという言葉は現在では一筋縄では説明しきれない意味を持っています。
 そもそも、民族という言葉には普遍性がないようです。
 これに関してはまた今度詳しく説明できると思いますので、今回は割愛します。


 紙幅がやや余っているので、この地域に暮らす人々の服装を見ておきましょう。
 砂漠という気候なので、暑いのですが、実際は砂漠で日本の夏と同じ服装とすると、
 とんでもない目に合うそうです。

 というのも、日中は太陽が強烈に降り注ぐため、肌を出していると日焼けどころではなく、
 やけどを負ってしまうそうです。
 また、夜になると空にさえぎる物が無いので、とても寒くなるそうです。

 結果的に、長そでの服を着る以外の選択肢がないのですが、
 それだと暑すぎるので、風通しを優先するわけです。


 以前、不快指数の話をした時に、人間と言うのは非常に高性能な体温コントロール機能を
 持っていると解説したことがありますが、これは汗が蒸発する際の気化熱を利用したものです。

 よって、実は湿度が下がれば人間が生まれながらに持っている力で、
 涼しく感じられるようになるという訳です。
 なので、風通しの良い服を着ているという訳ですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。