スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の農業は自給的?

 どうもこんばんはライネです。

 昨日は農業の重要性について、ちょっと我を忘れて説明してしまいましたが、
 今日からはそんな農業について詳しく見て行こうと思います。

 多くの日本人が農作物を作らない仕事をしているように、
 現在では、「ご飯をつくる人」と「その他の仕事をして稼いだお金でご飯を買う人」
 の2種類に分かれているようです。

 もちろん、日本の農家さんでも、自分で食べるものを全て自分で作っているかと言えば、
 決してそういう訳ではないと思いますが、初期の頃の農業というものは、
 自分で食べるものは自分で作る、つまり自給的な農業だったわけです。


 現在では、世界中で様々な農業が行われているわけですが、
 これについては、気候の時にケッペンさんが分類したように、
 農業地域区分というものを「ホイットルセー」さんが行っています。

 ホイットルセーさんは、アメリカの地理学者さんで、
 フルネームは「ダウエント・ステイントロップ・ホイットルセー」と言います。


 彼の分類では、農業は大きく2つに分類されるようです。
 それが、昔ながらの自給目的で行われる「自給的農業」と、
 農作物を販売することを目的で行われる「商業的農業」です。

 ただし、この分類が絶対的に自給的・商業的で分かれているかと言われると、
 少なくとも現在では自給的農業に分類される農業であっても、
 日本のように、作った農作物を売って生計を立てている場合もありますし、
 商業的農業に分類される農業であっても、もちろん作ったものを自分で食べることはあります。


 なので、この辺はそういう風に分類されているけれど、
 全ての地域で絶対的にそういう目的で作られているわけではないと言うことを、
 頭の片隅に置いておくといいと思います。

 この辺に関しては、ご飯がないと生きていけないのと同じくらい、
 現代社会ではお金が無いと生きていけないという側面があるわけです。

 電気代・水道代から、TVを見たり、洋服を買ったりと、
 外界と隔絶した原始的な生活をしていない限り、あくまでも「的」なのです。


 なお、商業的農業の中には、海外との貿易を視野に大規模に行われているものもありまして、
 そういう農業は「企業的農業」とも呼ばれています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。