スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異常気象も続けば正常?

 どうもこんばんはライネです。

 日本の気候について、概ね説明することができましたので、
 この辺で気候に関する話は終わりにしようかと思ったのですが、
 最後に少しだけ、新しい気候の話をしておこうと思います。


 気候に関する説明の冒頭で、「気候と言うのは毎年ごとの平均値」
 みたいな話をした記憶があります。

 ところが、今年の夏のように平均値から大きく離れる年ももちろんあるわけで、
 こういったものを「異常気象」と呼んでいるそうです。


 ちなみに日本の場合、気候データを過去30年の平均値で出していることが多いので、
 日本の異常気象は大体30年スケールでの異常を言うそうです。

 ということは、少なくとも今年の夏は異常な気温だったと思うのですが、
 もしも来年、再来年も同じような状況が続くと、平均値そのものが上昇して、
 今年の夏のような気温が正常な気象と呼ばれる日が来るかもしれないわけです。


 そんなわけで「異常気象」と呼ばれるものの絶対的な条件は、長い目で見るとあいまいです。
 あいまいではありますが、「異常気象」は人間の活動による原因が少なからず
 あっておかしくないはずだと思います。

 地球の歴史を見てみると、過去に全球凍結(スノーボールアース)を起こしていたり、
 地表の氷が全く存在しない時代があったりと、極端な気候の変化も珍しくありません。

 なので、人間がいなかったとしてももちろん異常気象はあったはずです。
 その反対に人間がいるからこそ起こる異常気象だってあるはずと考えるのが自然だと思います。


 地球規模で考えると難しいので、部屋の規模で考えてみましょう。
 部屋に誰もいなくても、朝になって太陽の光が差し込めば気温が上がります。
 ところが、部屋に誰か人がいて動き回っていれば、
 太陽の光が差し込まなくても気温が少し上がります。
 先生みたいな人だったりすれば、動き回らなくても気温が上がると思います。
 

 そう考えるとむしろ人の活動のほうが、地球そのものが引き起こす変化よりも
 早く気候の変化をもたらすのかもしれません。

 というわけで、「異常気象」と言うべきか「最近の気候」と言うべきかは
 難しいところではありますが、人間生活による気候への影響というものを、
 少し触れていこうと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。