スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜でわかる春の訪れ

 どうもこんばんは、ライネです。

 春一番が吹いた後、だんだんと春がやってくるのですが、
 春の気圧配置に関しては、基本的に秋のものを逆送りにしているだけなので、
 あまり真新しい情報はありません。

 
 ということで、代わりにちょっと変わった気候の目安を説明したいと思います。
 さて、日本では春の花として桜が有名ですね。

 どれくらい有名かと改めて説明する必要もないと思いますが、
 法律などで定められているわけではないのに、日本を象徴する花として、
 広く認められています。

 なお、国を象徴する花としては菊もあります。
 ルース・ベネディクトさんの「菊と刀」という、外国から見た日本(人)の本があるのですが、
 そのタイトルにも使われるくらいなので、もしかすると菊の方が正統なのかもしれません。

 ちなみにこの本は、今から60年以上も前に出版された本でして、
 日本語訳を読んだのですが、使われている言葉そのものが非常に難解で、
 先生の蔵書の中ではヒッグス粒子やフェルマーの最終定理の本と同じくらい眠気に襲われました。



 話を戻しまして、春になると桜の開花予想が天気予報の中で紹介されるほど、
 日本人にとって桜は興味のあるものなのでしょう。

 さて、ここからが本題なのですが、この様に日本人が桜好きである事によって、
 日本中いたるところに桜が植えられているのですが、このほとんどは「ソメイヨシノ」という品種です。

 しかもこのソメイヨシノさんの面白いところは、日本中で咲いている物のほぼ全てが、
 遺伝的な同一人物、ようするにクローンなのだそうです。
 というわけで、ほぼ同一の条件で花を咲かせるという変わった性質を持っています。


 この条件に関して、なかなか面倒な数式が使われるのですが、
 簡単に言ってしまえば、「(一度冬を経験した後の)春の気温」で決まるようです。

 冬を経験するというのは、そもそも花の元となる芽は夏に作られるそうです。
 ところが作られてすぐに咲かずスリープ状態を維持するらしいのです。
 このスリープ状態が冬を経験することで解除され、その後の春の気温によって花が咲くということで、
 しっかり計算すれば、好きな日に合わせて花を咲かせることもできるのだそうです。

 つまり、桜は正確に春の訪れを伝えているということになります。
 なお、東京の場合は平年並みの気温なら、4月の頭に咲くことが一般的なのだそうです。
 ということは、例えば4月よりも早ければ、いつもより早く春が来ていることになるし、
 遅ければいつもより少し春が来るのが遅いということがわかるということです。


 花の開花で季節がわかるというのは何とも面白い目安だと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。