スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北地方の気候

 どうもこんばんはライネです。
 今日は東北地方の気候について調べてみました。

 ちなみに、昨日も登場した気候区分はこんな感じになっています。
日本の気候区分

 東北地方にかかわる部分としては、
 Bの「日本海側の気候」と、Cの「太平洋側の気候」があるようです。


 この気候区の違いを判断するためには県庁所在地だけではやや物足りなかったので、
 次のような感じで都市を選択しました。

東北の都市


 日本海側の気候にあたる都市は青森、秋田、酒田くらいですね。
 山形もギリギリ日本海側に分類されるかもしれません。

 太平洋側の気候にあたる都市は盛岡、宮古、仙台くらいですね。
 福島はもしかするとDの内陸の気候に分類されるかもしれません。

 山形と福島は2つの気候区の境界付近にあるようなので、
 参考程度にとどめるとして、雨温図を見てみましょう。

東北の気候


 青森、秋田、酒田に共通するのは、雨の少ない時期が春になることでしょうか?
 正直なところ、青森・秋田と稚内・留萌で、雨温図の形的な違いは、あまり感じられません。

北海道と東北の日本海側の気候

 あとは数値的な違いになるのですが、
 青森・秋田の方が、稚内・留萌よりも平均すると月50mmくらいは降水量が多いようです。
 気温だと、これは解りきっていることですが、全体的に5℃くらい東北の方が暖かいですね。


 一方、太平洋側の気候となる盛岡、宮古、仙台に共通するのは、
 降水量がきれいな山型、つまり夏に雨が多く、冬はやや少なくなるという事です。
 より太平洋に近い仙台・宮古の降水量は冬から夏にかけて、とてもきれいに降水量が増えますね。
 福島の降水量の変化もどちらかと言えば太平洋側のものの様です。


 雨温図の形的には山形は夏に降水量が多いという条件は太平洋側の気候ですが、
 じゃあ冬に少なくなっているのかというと、とてもフラットです。
 どちらかと言えば日本海側のそれに近いようですが、
 両方の気候区の性質をもっているようですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。