スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月のまとめ(13年)

 どうもこんばんはライネです。
 ブログをはじめて1年と1か月が経ちました。

 今月もまだまだ気候の話は終わっていないのですが、
 日本の気候を調べようとして、日本の都市に浮気中です。

 気候という目に見えにくいものを調べつづけていたせいか、
 都市についての調査は中々面白いですね。

 という訳で、今月のまとめに行きましょう。


 仮想大陸
  ・仮想大陸ってそもそも何?
    仮想大陸という言葉にファンタジーを感じましたが、
    物凄く現実的な気候の話です。

    気候に限らず地形もそうなのですが、
    こういったものは誰かの意思などで変化することはほとんどありません。
    その結果、初期条件さえ与えてしまえば、大体の気候が推測できるわけです。
    それを仮想の大陸を使うことで、表現しようという試みです。
   
    よっぽどのことがないと役に立たない知識かもしれませんが、
    異世界人の私にとっては物凄く面白い話でした。


  ・仮想大陸を作ってみよう 
    仮想大陸を作るにあたって、別にどんな物でもいいのですが、
    これまでのケッペンの気候区分が通用する範囲に収めるためには、
    ある程度現実世界との共通性が必要になってきます。

    というわけで緯度ごとの陸地面積をほぼ同じにした大陸を
    用意することになりました。

    応用すれば、例えばドラゴンクエストの世界などでも出来るハズなので、
    いつかやってみたいと思っています。


  ・何故、赤道直下は熱帯雨林になるのか
    まずは赤道直下の気候を描くことになりました。
    これまで調べてきた気候要素などから、
    赤道直下はまず確実に熱帯雨林気候となります。

    とはいえ、例えば太陽が地球よりも遠い星の場合は、
    そもそもケッペンの気候区分が通用しないので、
    太陽の運行は地球と同じであるという条件が必須になりますが…


  ・仮想大陸と乾燥帯 
    現実世界の緯度ごとの降水量から、乾燥帯を仮想大陸に描きます。
    とはいえこれも気候要素について調べた結果を応用すれば、
    それほど難しいものではありません。
    
    
  ・仮想大陸の地中海性気候
    地中海性気候は緯度によって作られる砂漠気候の高緯度側にできる。
    これを、気圧のサンドイッチ理論から解説してみました。

    実際には砂漠が作られる要素は、この他にもいくつかありますが
    こうやってみると、海からの距離・寒流によって作られる砂漠も、
    緯度が大きくかかわっているように見えます。
    
    今回の場合、地形は無視しているので、雨陰砂漠だけは存在しません。


  ・仮想大陸の温帯で湿潤な気候
    今回分かったことは、温暖湿潤気候と西岸海洋性気候は、
    単純に緯度の違いで作られるものではないということです。
    むしろ、海流と偏西風の影響の方が強いようです。


  ・仮想大陸の完成図
    そしてやっと完成したのがこの仮想大陸です。
    ここでケッペンの気候区分は実質的な最終回を迎えます。


 土壌とは何か?
  ・地球の表面はどうなってるの?
    普段目にしている地表と、地球の表面といわれる地殻の違いは何か?
    そんなことを考えたのがこの話です。
    分類上、地球物理学の延長ですが、土壌についてまとめるためには、
    避けて通れない話でした。
 

  ・石の種類
    ひとまず、地殻を構成する石からのアプローチを試みてみました。
    とはいえ、いくら石が細かくなっても、土ができるわけではないようです。

    石の種類がとんでもなく複雑であるという事だけは理解できましたが、
    あまり役に立つ話ではありませんでした。

    石の種類は「火山石」「堆積岩」「変成岩」の3つに分かれるそうです。
       

  ・成帯土壌と間帯土壌
    結論から言えば、土は生物がいなければ見ることのできないもののようです。

    腐った植物や動物の死骸などが分解されたものらしく、
    身もふたも言い方をすれば、生ごみを放置し尽したものなのかもしれません。
    そういえば家電量販店には、そういう生ごみ処理装置が売っていました。


  ・土壌のまとめ①ラトソル・赤黄色土
    今更になって解るのですが、
    例えば10℃以上の気温で育てた方が良いと書かれている植物を、
    9.9℃の環境においたらすぐに枯れるかといえば、そうではないと思います。

    ところがケッペンの気候区分は何℃がどの気候なのか線が引かれています。
    つまり植物も、そして植物の影響をうける土壌も、
    絶対的にケッペンの気候区分のまま分布しているわけではないはずなのです。

    そのへんのことを念頭に置いてみてもらいたいです。


  ・土壌まとめ②チェルノーゼムとプレーリー土
    ちなみにサンプルとして使っている土壌の色ですが、
    これは、その土の写真から色だけを抽出したものです。

    その抽出した色によっては若干の違いがあるかもしれません。
    

  ・土壌のまとめ③栗色土・褐色森林土
    ここまで土壌の説明をして、大量の植物が枯れやすい環境ほど、
    土壌の栄養分が高く、黒に近い土の色になるということが解りました。

    ただし、褐色森林土の場合植物が枯れるような気候なのではなく、
    わざと葉っぱを落とすという選択肢をとった植物が育つ環境なので、
    なかなか一筋縄ではいきませんね。
 

  ・土壌のまとめ④ポドゾル・ツンドラ土
    土壌の中でも気候によって左右される土壌の話がここで終了です。
    植物が育ちににくい原因のひとつは水をあげないことですが、
    もうひとつは寒い環境に置くことです。

    ただし土壌の場合は分解されにくく、あまり栄養分の高い土壌にはなりません。
    土壌の色として乗せたものはごく一部の物でして、
    地中深くではまた違う色になるようです。

    実際にポドゾルが見られるような地域に行って、
    穴を掘って確かめたいところではありますが、なかなか難しそうですね。


  ・間帯これくしょん・序
    その地域特有のローカルな土壌について調べてみました。

    本当は間帯これくしょんというタイトルで行きたかったのですが、
    二日目にしてそんなことを忘れてしまったという残念な序です。


  ・デカン高原=レグール=綿花
    インドで見られるレグールの話です。
    インドのデカン高原で大昔に大量噴出した溶岩を原因とするのが、
    このレグールなのだそうです。

    ちなみに色は黒です。   


  ・テラロッサとテラローシャ
    テラロッサは地中海の赤い土、
    テラローシャはブラジルの紫色の土のことです。

    名前がとてもよく似ているので間違えやすいのですが、
    このたび先生が画期的な区別方法を教えてくれました。

   
    ロッサはイタリア語の「赤」。
    イタリア語は男性名詞と女性名詞があるから、男性名詞に直すと「ロッソ」。
    ロッソといえば「ポルコ・ロッソ」つまり「紅の豚」。
    そして紅の豚といえば「地中海」。

    
    ドヤァとうるさかったので、
    先生は飛べない方の豚だねと言っておきました。

      
  ・風成レスと氷成レス
    レスの話と言いながら半分はドラえもんさんの話です。
    「黄色い間帯土壌」という大雑把な名前なので、
    いろいろと間違えやすいのですが、
    中国にある大きく分ければ砂漠から飛んできたものと、
    北極圏付近にある氷河から飛んできた物に分かれます。



 ケッペンの気候区分まとめ・日本の気候区分 
  ・気候と植生まとめ
    ケッペンの気候区分に関する話は既に終了しましたが、
    ケッペンの気候区分に登場した植生をまとめました。

    順番としては土壌より先に登場したのですが、
    まとめの都合上こちらに書かせていただきました。

  ・日本の気候区分
    世界の気候区分が終わったので、じゃあ日本はどうなっているのかな。
    と思って始めた日本編ですが、
    日本には日本のローカルな気候区分がありました。


 日本の都市 
  ・気候のために都市を調べることに
    日本ローカルな気候区分を調べるために、
    日本の色々な都市の気候を見て行こうと思ったのですが、
    じゃあどの都市を選ぼうかという段階で、大変な壁にぶつかりました。

    結局日本の都市とは何かを調べることになったわけです。
  

  ・都市とは何かを考える
    私のイメージする都市とは日本では市と呼ばれるものでした。
    じゃあ市とは何かという疑問について調べたのがこの回です。

    複雑な条件はありますが、最低でも「1万軒の家が集まっている場所」
    という結論に収まりました。


  ・5万人未満の市がある謎
    前述した複雑な条件をもう一度見直すと、
    市という単位は5万人以上の人口が一般的な条件なのだそうです。

    ただし、色々と調べてみると、数千人しか住んでいない市もありまして、
    この謎について調べてみました。


  ・ちょっと特別な市、「特例市」
    市を全て調べようとすると800近くもあるため、
    途方もない時間がかかってしまいます。

    そこでより大きな市を見つけようと考えました。
    これが20万人以上の人口を有する「特例市」です。


  ・もっと特別な市、「中核市」
    特例市以上の人口を有する市は「中核市」になることができます。
    人口にして30万人以上を有する大都市です。    


  ・すごく特別な市、「政令指定都市」
    そして中核市以上、現在の日本で最大規模の人口を有する、
    巨大な都市は「政令指定都市」と言うものになることができます。

    特例市、中核市は単純に人口を満たせばなることができましたが、
    政令指定都市は法律上必要な50万人以上の人口がいても、
    そう簡単にはなることができないものでした。


  ・日本の特例市・中核市・政令指定都市
    全国に100近くある特例市、中核市、政令指定都市を
    地図にしてみました。

    点の大きさの都合上、見えにくいかもしれませんが、
    これではじめて、場所がはっきりわかります。
    そして、多くの大都市はバラバラにあるのではなく、
    固まって存在していることが多いということが分かりました。

    これで気候を調べるのも全ての都市を調べなくても良さそうです。


  ・道府県の最大人口都市と県庁所在地
    じゃあここからどうやって減らすのかということで、
    道府県ごとに人口が最も多い都市をあげてみることにしました。

    その結果ほとんどが道府県庁所在地ということに気が付きます。
    例外は、福島県、群馬県、静岡県、三重県、山口県の5県だけのようです。


  ・人口が最多でない県庁所在地がある理由
    5県を除く全ての道府県で、人口の多い都市が道府県庁所在地でした。
    ではなぜ、5県はそうではないのだろうかと思って調べてみたわけです。

    そしてわかったことですが、
    別に県庁所在地の人口が多くなくてはいけないという理由もありませんでした。
    ただ、ひとつ言えることは県庁所在地になるような都市は
    昔から大きな都市だったわけです。

    それがそのまま成長すれば、現在もそのままですが、
    合併や新しい道路などの関係でより成長した都市もあるというわけです。



 さて、2年目に入って一発目のまとめでした。
 都市編に入ったとはいえ、じつはまだまだ気候の話は続いています。
 
 本格的に寒くなる前には次の話に行けると思いますが、
 もうしばらく気候にお付き合いください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。