スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気候のために都市を調べることに

 どうもこんばんはライネです。
 日本の気候を調べることになりまして、いきなり問題に遭遇しています。
 というのも、昨日乗せたこの図についてです。

日本の気候区分


 実は「日本の気候区分」というものは、ケッペンさんが作った物ではなく、
 日本の研究者の方々が独自に、細かく作ったものを採用しているようなのです。

 そして日本に住む人々のために、それはより細かな区分からなっています。
 しかし!!


 いくつかの代表的な区分方法はあるものの、人によって様々な区分方法を取っていて、
 「これが日本の唯一無二の気候区分!!」

 と、言うようなものは無いようです。
 その結果、大きく見れば似通っているのですが、
 図によっては都道府県1つ分程度の違いが存在します。


 というわけで、世界の気候を学んで得たノウハウを活かして、
 日本のいろいろな都市の気候を詳しく分析することで、
 そのたくさんあるという気候区分に切り込んでいきたいと思います。


 そうなってくると気候データのある都市を選んでいく必要があるのですが、
 日本ではかなり細かい地域で気候観測を行っているため、
 全てを調べるにはとてつもなく時間がかかってしまいます。

 というわけで、全国の都市の中からいくつか選んでいかなければいけません。
 さて、どうやって分けましょうか?


 ということで、日本の都市について少し調べていこうと思います。
 そもそも日本には「市・町・村」という私の感覚に近い都市が存在します。

 この3つの区分は都道府県によって違ったり、特例がみとめられたり、あいまいですが、
 一番緩い条件を適用すれば、3万人を超えれば「市」に格上げされ、
 3千人を越えれば「町」に格上げされるようです。

 こんな感じで、気候の話からは完全にそれてしまいますが、
 この先いつか必要になるとおもうので、日本の都市システムについて調べていきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。