スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球の表面はどうなってるの?

 どうもこんばんはライネです。
 あっちこっちに浮気をしましたが、気候区分の話は全て終了しました。
 もう何も思い残すことはない・・・と、思います。

 というわけで、ケッペンの気候区分・最終章に参りましょう。
 最後のはなしは、最後にして最大の重要項目でもあります。
 ちょっとずつは説明してきましたが、これをまとめずして、
 ケッペンの気候区分は終われません。

 そもそも、ケッペンさんは「植生」に着目して気候区分を行いました。
 それだけに、「植生」そしてそれに強く影響を受けた「土壌」というものこそ、
 ケッペンの気候区分を理解するうえで、最も大切な事だと思います。



 とりあえず、土壌と植生がどう関係しているのかを整理しましょう。
 その前に「土壌」とは何かと言うところから始めなければいけません。


 私にとって、「地面」というのは地球の表面を示す言葉でした。
 これは間違っているわけではありませんが、
 去年の10月28日の記事、「地球の内側について」で、
 地球は中心から、核、マントル、地殻から成っていると説明してあります。

内部構造


 ということは、最も外側に来る「地殻」が地面と言うことになりますが、
 地殻というのはカテゴリー「地球物理学」の中でも説明しているように、
 地球の内部に由来する岩石、つまり極端にわかりやすい言い方をすれば「石」なのです。


 ところが、私の知る「地面」というものは石ではなく、砂交じりの土でした。
 こちらに来てからは、かつて慣れ親しんだ地面を見ることは少なくなり、
 アスファルトで舗装された地面ばかりですが、それでも道路の脇や公園などでは、
 私の知る地面を見ることができます。

 ここで問題にしたいのは、知識として修めた「岩石からなる地殻」と、
 経験から理解している「砂や土からなる地面」はどこで違っているのかという点です。
 ついでに、砂と土の違いもこの際なのではっきりさせておきたいですね。

 
 既に何かとてつもなく遠回りしそうな脇道を見つけてしまった感が否めませんが、
 やれるだけやってみようと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。