スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある9月のインデックス(12年)

 どうもこんにちは、ライネです。
 以前あげたGPSの記事に誤りがあったので微妙に修正しました。
 自分では渾身の出来だと思っていたので申し訳ありません。

 致命的と言えば致命的な間違いだったのですが、誤りそのものは大したことはありません。
 ちょっと電信速度が速すぎて、過去に戻ってしまった程度の問題です。

 誤り
 衛星ア 「今4分ですよ~」
 受信機あ「今は1分だから、差が3分か」
  ※受信機が未来の情報を受け取っていた。
         ↓
 修正後
 衛星ア 「今1分ですよ~」
 受信機あ「今は4分だから、差が3分か」

 あと図の方にも少し間違っているところがあったので修正しました。


 こちらの世界の物理学者さんたちは優秀というか、
 ともすればどうでもいいと言われそうな事まで 調べ上げているようです。
 今、夏前に話題になったヒッグス粒子に関する本を読んでいるのですが、
 異世界人の私にとっては、話は分かるのですが、天才過ぎてむしろ愚かに見えてしまいます。


 簡単に言えば、昔、ニュートンという科学者さんがまとめた物理学というものがあるそうです。
 これだけで、日常生活で必要なほぼ全ての物理法則を説明できるのです。
 そういえば、ニュートンさんは、私が独自に発見した経度を調べる方法でも活躍していましたね。
 
 
 で、日常生活で必要な物理法則が分かれば、あちらの世界の常識ではもう十分だと思うのですが、
 こちらの世界では、それでは飽き足らず、宇宙全体の物理法則やら、宇宙を構成する全ての物質の動きまで
 研究するようになったようです。

 なんというか、凄まじい執念ですね。
 もっとも、そのような一般人にとっては理解しがたいことを研究することで、
 副産物的にそれらを応用したテクノロジーが私たちの生活を豊かにしてくれているハズなので、
 どんどんやれと言うしかありません。

 個人的には、そういうことが全て、ドラえもんさんにつながっていると思いますよ。


 で、なんでこんな話をしているかというと、その宇宙全体でも適応される物理法則のなかに、
 光の速さは物質最速を誇る時速30万㎞で、しかも何をどうしても不変という理論があるそうです。
 逆説的に、光の速さが時速30万㎞以下になっているということは、光の速さが遅くなったと考えるのではなく、
 空間そのものが広がったとか、時間そのものが長くなったとか、そういう結論になるそうなのです。

 ということで、如何なる通信手段をもっても時速30万㎞以上で情報をやり取りすることはできません。
 なのに訂正前は、GPS衛星の信号4分に送信されて、受信機に届いたら1分になっていました。
 3分とはいえ、今こちらの世界の最先端の物理学では過去に戻ることは不可能とされています。

 修正しましたので、もしも例の記事を参考にされた方はもう一度、見直してください。


 ついでなので、今日は9月分の記事について色々と補足説明していきたいと思います。
 まずは、ごちゃごちゃと「球面上の世界」という枠に入れ過ぎてしまっているので、細分化。

世界のかたち
  ・世界のかたち 
    どうすれば地上にいたままで、この世界がどのような形をしているのか解るか。
 
  ・海は広くて大きすぎるよ! 
    海洋と陸地の大きさ比較。
 
  ・あこがれの女性に会ってきました 
    6大陸と3大洋の紹介。(真珠の耳飾りの少女のほうが中心)

  ・太平洋の範囲 
    考察したものの、答えが出なかった話。
    現在進行形で調査中。

   

緯度と経度
  ・現在位置を調べる方法(緯度編)   
    北極星の位置から現在位置(緯度)を調べる方法について。

  ・子午線ってどういう意味? 
    子午線という言葉の説明。

  ・経度のひみつ 
    経線がどのように決められているか、基本説明。

  ・緯度経度を計測する方法 
    「時間の決まり方」を応用して時計を使って経度を調べる方法について。
    緯度に関しては、「現在位置を調べる方法(緯度編)」を参照のこと。
  
  ・GPSの理屈 
    緯度経度を調べることのできる先端技術についてあれこれ。


時差
  ・時間の決まり方 
    現地時間(標準時)がどうやって決まるのか。
  
  ・タイムマシン発見しました  
    時差の考え方と日付変更線というものについて。
 
  ・サマータイムの功罪 
    サマータイムについてあれこれ。


宇宙から見た地球
  ・3分56秒の世界 
    1日は24時間というけれど、地球の自転は23時間56分4秒。
 
  ・太陽と地球の話 
    一年を通じて、太陽が地球をどうやって照らしているのか。
    灼熱地獄の赤道と、夜の世界、朝の世界の存在予想。


 世界地図について
  ・嘘つきな世界地図 
    地図上の2点間の直線が、実際は真っ直ぐじゃなかったということ。
 
  ・2点間の最短距離という話 
    球面上で2点間の最短距離はどのような場所を通ればいいのか。

  ・本当は怖い方位 
    東西も、南北も何ひとつ確実なものではないということ。
    地球ローカルルールを誰一人不安がらないのが怖い。 

  ・北に行くのは簡単です 
    南北方向ならば地図で簡単に解るという話。

  ・天地迷察 
    東西とはどのような方向なのか、独自の切り口で解説。
  
  ・デジタル東奔西走 
    天地迷察で理解した東西方向を実際の地球で表現。
    地図上で見ると、ちょっと変な結果に。

  ・何故緯線は東西方向ではないのか 
    答えは、地図の描き方に原因アリ。

  ・例の地図のよいところ 
    最近は使われなくなったものの、等角航路という原始的・絶対的利点について。



 思えばたっぷり書きましたね。
 時間があれば毎月、一回はまとめたいと思います。
 ちなみに今日から2か月目に突入します。
 今後もよろしくお願いします。


 あ、そうそう、ずっと「例の地図」扱いしてきましたが、あの地図の名前は、
 メルカトル図法と呼ぶそうです。
 明日はこの地図がどうやって作られたのか、まとめたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。