スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

砂漠の原因④・フェーン現象

 こんばんはライネでございます。
 土曜日になって湿度が下がったのはいいのですが、今度は暑くなりました。
 体感としてはまだ今日のほうが過ごしやすかった気がしますが、
 どちらにしても私の苦手な暑い季節がやってきています。


 では今日も砂漠気候になる地域をご紹介しましょう。
 長らく説明してきましたが、これで終わりです。

 紹介すると言っても実はもうすでに紹介しているようなものなのですが、
 砂漠気候はフェーン現象でも作られます。


 フェーン現象に関しては6月23日の記事で詳しく説明しているので、
 こちらをご参照ください。⇒「フェーン現象とは何か


 ただ、日本で見られるフェーン現象では砂漠気候になることはありません。
 というのも日本の場合は、フェーン現象を生む海から吹く風というものが、
 季節風だからです。


 季節風に関しても6月15日の記事で詳しく説明してあります。
 というわけで詳しくはこちらを参照してください。⇒「季節風の吹き方


 日本の場合、季節風が冬は日本海側から、夏は太平洋側から吹くので、
 確かにフェーン現象による乾燥はあるものの、1年続くわけではなく、
 むしろ風上側はよく雨(もしくは雪)が降るので、その乾燥を補うことができます。


 というわけでフェーン現象が砂漠を作るのは、
 偏西風や貿易風などの一年中風向きの変わらない風が吹く場所です。

 もうひとつフェーン現象に必要な条件は高い山の存在ということになります。
 こちらの方が条件的には厳しそうです。

 このふたつの条件を満たす場所を探すと、
 アンデス山脈の南端部、「パタゴニア」という地域が見つかります。
 なお、このようにフェーン現象によってつくられた砂漠のことを、
 「雨陰(「あまかげ」もしくは「ういん」)砂漠」と呼ぶそうです。


 以上、砂漠が作られやすい地域の説明はこれでおしまいです。
 まとめると、次の4つですね。

 ・亜熱帯高圧帯の影響で作られる「亜熱帯砂漠」もしくは「回帰線砂漠」。
 ・隔海度の影響で作られる「内陸砂漠」
 ・寒流の影響で作られる「海岸砂漠」
 ・フェーン現象の影響で作られる「雨陰砂漠」

 いろいろと調べてみると、これが原因というのが分かりやすい砂漠はあまり多くなくて、
 実際にはいくつかの要素が混ざり合って作られている砂漠が多いようです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。