スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5つの気候帯

 どうもこんばんはライネです。
 今日のタモリ倶楽部で、前に伊集院さんが告知していた空想地図がやるそうです。
 楽しみに待っておきましょう。


 さて、今日はケッペンの気候区分二夜目です。
 昨日は樹木気候と無樹木気候についてみたわけですが、その詳しい分類をしていきましょう。

 樹木気候はそのあと、暑い、普通、寒いの3つに分けることができます。
 専門的な言葉では「熱帯」、「温帯」、「冷帯(亜寒帯)」と呼ばれます。

 具体的に言うと熱帯は「ヤシが育つ環境」と定義されていて、
 気温で分けるならば、1年で一番寒い月の平均気温が18℃以上の地域です。

 実際には、これに加えて湿潤地域であるという要素も必要なのですが、
 樹木気候という時点ですでにそれをカバーしているので省略します。
 詳細な区分については全ての気候が出そろってから説明しますので、
 ひとまず今は、寒い月でも18℃と覚えておいてください。



 次に冷帯ですが、こちらは樹木は育つものの「根雪(ねゆき)」になると定義されています。
 気温で分けるならば、1年で一番寒い月の平均気温が-3℃未満の地域です。

 実際には、これに加えて最も暖かい月が10℃以上になるという要素も必要なのですが、
 樹木気候という時点ですでに~(以下略)

 ちなみに根雪というのは冬になって降った雪が春になるまで残り続ける状況を言います。
 関東地方でも雪は降りますが、何日かすると溶けてしまうので、根雪とは言いません。



 最後に温帯ですが、これは熱帯と冷帯の間の気候です。
 1年で一番寒い月の平均気温が18℃未満かつ、-3℃以上という気温ですね。



 そして今度は無樹木気候ですが、木が生えない環境というのは2つあります。
 ひとつは雨が少ない地域で、これを「乾燥帯」と呼びます。
 もうひとつがあまりに寒い地域で、こちらは「寒帯」と呼びます。

 乾燥帯は他の気候帯との見分け方に唯一降水量を使います。
 簡単に言えば入る水よりも出る水の方が多い気候なのですが、
 この計算が実にややこしいので、詳しくは後で一気に説明してしまいましょう。
 

 寒帯は寒いという点で共通する冷帯との違いが難しい気候ですが、
 気温で簡単に見分けることができます。
 具体的には1年で一番暖かい月の平均気温が10℃未満の地域と言われます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。