スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジタル東奔西走

 「パンプキン・シザーズ」(岩永亮太郎/講談社/KCデラックス)を昨日先生が買ってきてくれました。
 昨日はあの騒ぎがあったのでゆっくり読めなかったのですが、ものすごく面白そうです。
 先生の書庫から既刊を引っ張り出してきたので、現在絶賛読書中です。

 世界こそフィクションですが、歴史物のような、リアル系異世界物のような、
 なんともジャンル分けに困る作品ですが、
 私が異世界物の作品を読んでいると、先生は「それが私の居た世界と似ているか」という感想を求めます。

 けれどもこちらの世界もあちらの世界も、人の営みの基本的な部分に大差はありませんので、
 こちらの世界の創作家の手による「リアルな部分」は、こちらの世界にもあちらの世界にも似ています。

 強いて言わせて頂ければ、パンプキンシザーズほど科学力は進んでおらず、政治は腐っておらず。
 というところでしょうか?

 良くも悪くも、一番似ているのは(歴史ですが)テルマエ・ロマエの世界かもしれません。
 こんにちは、ライネです。


 やっと前回で東西南北という方向がどのようなものなのか説明が終了しました。
 前回の説明の通り、地球儀を切ってみると、このような線になります。
 ※グーグルアースの操作の関係上多少の誤差がありますが、大体こんな感じです。

 ①観測点(東京)から「春分の日の出の時間に太陽が真上にある位置」まで。
  東京の位置を大体、北緯35度・東経140度(黒点)とすると、
  春分の日の出の時間に太陽が真上にあるのは緯度0度・西経130度(ピンク点)です。
  よって、黄緑色のラインが東京からの東方向を示しています。

S-E2.jpg




 ②「春分の日の出の時間に太陽が真上にある位置」から東京の真裏(対蹠点)まで。
  経度0度・西経130度(ピンク点)は東京からの東「方向」に過ぎず、
  そのまま伸ばすと到達するのが、南緯35度・西経40度の対蹠点(青点)です。
  よって、この黄緑色のラインも東京からの東方向を示しています。
  本当は、対蹠点を過ぎても反転しない限り、ずっと東「方向」なのですが、
  便宜的にここを東極=西極としておきましょう。

W-T2.jpg




 ③観測点(東京)から「春分の日の入の時間に太陽が真上にある位置」まで。
  東京の位置を大体、北緯35度・東経140度(黒点)とすると、
  春分の日の入の時間に太陽が真上にあるのは緯度0度・東経50度(ピンク点)です。
  よって、黄緑色のラインが東京からの西方向を示しています。

W-S.jpg




 ④「春分の日の入の時間に太陽が真上にある位置」から東京の真裏(対蹠点)まで。
  経度0度・東経50度(ピンク点)は東京からの西「方向」に過ぎず、
  そのまま伸ばすと到達するのが、南緯35度・西経40度の対蹠点(青点)です。
  よって、この黄緑色のラインも東京からの西方向を示しています。
  本当は、対蹠点を過ぎても反転しない限り、ずっと西「方向」なのですが、
  便宜的にここを西極=東極としておきましょう。

T-W.jpg


 さて、さっそくこれを踏まえて、地図を見てみたいと思います。

地図上の東西

 東西方向を示すには微妙なカーブを描かなくてはいけないので少し変ですが、そこは目をつぶってもらって、
 それでも南北方向は経線(縦線)と同じなので、視覚的にわかりやすいですね。
 でも、東西方向はパッと見たときに、疑問に思うのではないでしょうか。
 これに関しては、疑問の正体と共に、次回の詳しくお話ししましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。