スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貿易風は2種類あります

 どうもこんばんはライネです。
 今日は湿度が高くて、気温はそれほどでもないのに不快指数は高めでした。
 意識すると、以下に湿度が大事だったか解りますね。


 さて、今日は風の説明に戻ります。
 とはいえ、どうやって風は吹くのかについては説明済みなので、
 ここの風についてみていきましょう。

 まずは地球が止まらない限り、同じ方向に吹き続けている貿易風からです。
 低緯度地域を東から西に向かって吹く風ですが、なぜ「貿易」風なのでしょうか?

 たぶん偏東風と呼んでも問題はなさそうなのですが、
 一般に貿易風という名前が付いています。

 どうやら貿易を意味する「トレード」という言葉を直訳しているようですね。
 ただ、現在では貿易もトレードも、どこか違う場所の相手と金品を交換するといった意味ですが、
 Wikipediaによれば元々は、通り道的な意味の言葉だったようです。

 ようするに、くしくも先ほど言ったように、
 「地球が止まらない限りずっと同じところを吹いている」というものが、
 「決まった経路を吹く」ということになって、通り道をつくる風的な変化をしているようです。


 実は貿易風は二つの異なる風が合わさって、ひとつに呼ばれています。

大循環3

 偏西風や極東風を見てもらえるとわかりやすいのですが、
 気圧の違いによって南北両半球でもって貿易風も偏西風も極東風も吹いています。

 けれども、貿易風に関しては南北で吹いている場所がほとんど同じというか、
 北半球で吹く貿易風と南半球で吹く貿易風が、ちょうど赤道付近で重なっているわけです。

 なので厳密に分けると、北半球では「北東貿易風」、南半球では「南東貿易風」というように、
 別々の風と考えることもできます。


 また、図を見ていただければわかりやすいのですが、二つの貿易風はちょうど赤道の近くで合流します。
 なので、赤道には「収束線」もしくは「収束帯」とも呼ばれる場所がずっと存在します。
 赤道低圧帯をそのまま赤道収束帯と呼んだりするのはこのせいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。