スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緯度と年較差

 どうもこんばんはライネです。

 昨日は年較差(日較差)は海から遠いほど大きいと言う話でした。
 「海から遠いほど」という言葉を難しく言うと、「隔海度(かくかいど)」と言うそうです。
 ということは、ある空想上の大陸の年較差を図にするとこんな感じになるはずです。

年較差

 ところがこれだけで話は終わりません。
 図の中央にいくほど年較差が大きくなるのは正しいのですが、
 実はまだまだ年較差の大小を決める条件はあるのです。

 そのひとつが緯度です。
 赤道に近い地域ほど暖かく、極に近い地域ほど寒いというのはすでに説明しましたが、
 暖かい地域が1年中暖かいというのはよしとして、
 ある程度までならば緯度の上昇に伴って、年較差も大きくなるのです。


 ようするに夏と冬の区別が大きくなっていくと考えてください。
 これは当たり前の話なのですが、太陽は赤道を中心にして、1年で南北の回帰線まで動きます。

 動きますと言うのは天動説ですね。
 地動説的に言えば、その真上で照らすように地球が動きます。
 よって高緯度になるほど、夏と冬の太陽の角度の差が大きくなるわけです。

太陽の位置

 図にしてみると解ると思いますが、低緯度側は1年中太陽を強く浴びるので、ずっと暖かい地域です。
 けれども、高緯度側になるほど、北半球では12月、南半球では6月の太陽はあまり強く浴びません。

 大体緯度にして60度くらいの場所までは夏に太陽が良く当たる地域になるわけです。
 ところが、冬になると太陽は反対側の半球に強く当たるようになるので、夏と冬の差が大きくなるわけです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。