スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大陸と海洋の位置

 どうもこんばんはライネです。

 気候について勉強していると、全部理にかなっていて美しさすら感じます。
 今日は昨日登場した恒常風が海にもたらす影響についてみていきましょう。

 風が海にもたらすものというと、「海流」です。
 ちょっと調べてもらえば解ると思いますが、海流を示す図を検索すると、
 とても複雑そうなものが出てきます。

 なので取っ付きにくく感じるかもしれませんが、基本的な姿さえ押さえてしまえば、
 何も恐れることはありません。

 まず、現在における海と陸の様子から見ておきましょう。
 詳しくは9月9日の「海は広くて大きすぎるよ!」を参照してください。

 プレートの移動によって現在、地表の7割を占める海には偏りがあります。
 当たり前のことかもしれませんが場所によって海が多かったり、
 少なかったりするわけです。

 そしてもうひとつ、これは現在ならではの状況なのですが、
 海は大陸によって東西に囲まれるように分布しています。
 これが海流を考えるうえで、非常に役立つ情報です。

 ちょっと掴みにくい話だと思うので、図にしてみました。

大陸と海洋1

 大陸と海の様子を単純な形で表現すると、こんな感じになります。
 たしかに海を中心として、東西方向に陸がありますね。


 そしてもうひとつ、大陸が北に偏っていることも押さえておきましょう。
 先ほどの図をより正しく表現しようとすると、こんな感じになります。

大陸と海洋2

 実際の地図を見ていただければ解ると思いますが、
 現在の大陸分布は北半球に偏っています。
 大体南半球の南緯60度くらいの地域には海がほとんどない訳です。

 海がひとつしか描けていませんが、これは形に多少の違いはあれど、太平洋も大西洋も同じです。
 また、インド洋に関して言えば、この図の赤道よりも南側だけを見ればいいわけです。

 ひとまず、これが現在の海と陸の位置関係です。
 明日はここに風の影響を与えてみましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。