スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

摂氏温度

 どうもこんばんはライネです。
 ついこの前まで寒いと思っていたのに、急に暑くなってきました。
 私の地元では、一年中あまり大きな気温の変化はなかったので、
 メリハリのあるこちらの気候は嫌いではないのですが、
 それにしても急に気温が変化すると、身体の調子もわるくなりそうです。


 そんな気温ですが、昨日の説明のとおり、日本ではセルシウス度というものが使われています。
 よく考えると解ることですが、温度に限らず距離でもなんでも単位というものは、
 人間が考えることで初めて形を持つわけです。

 前に1mの定義1秒の定義を説明したことがありますが、
 温度もこれとまったく同じように、長い歴史をかけて現在の形になったそうです。
  

 温度の本質は、私の知る科学では説明するのが少々大変なので、いつかさわるとして、
 温度の目盛の開発はずっと昔から行われてきたそうです。

 今日は昨日の続きで、セルシウスさんによる温度の目盛、つまり「摂氏温度」がどういうものか、
 調べてみましたのでお付き合いください。

 簡単に言ってしまうと、摂氏温度は「水」という基準を使った目盛です。
 これが作られたのは今から300年近く前の話なので、後で説明する通り、
 現代の基準とは少し違う所はありますが、0度を「水が氷る温度(氷がとける温度)」、
 100度を「水が蒸発する温度」として、それを100等分したものが摂氏温度ということになります。

 ちなみに、現代ではどう違っているのかと言いますと、
 より広い分野で温度を表現する際に使い勝手の良い「ケルビン」というものに合わせた結果、
 水が沸騰する温度は「摂氏99.974度」ということになっているそうです。
 ケルビンについてはまた今度説明したいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。