スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナイル川では泳がないほうがいいらしい

 こんばんはライネです。
 今日もさくっと砂漠地域で見られる地形について説明していきます。
 
 砂漠地域の地形として入門書レベルに書かれている地形は、
 やっぱりあまり雨が降らないため、水関係が多いようです。

 そもそも人間は水が無ければ生きていくことはできません。
 先生が言うには、人間は割としぶとくて、健康であるならば多少ご飯を食べなくても
 生きていけるそうなのですが、水がないとあっさり死んでしまうそうなのです。

 これまでの地形と同様に人は水が手に入る場所に住むというのは、絶対的な条件のようです。
 さて、砂漠で水が手に入る場所といえば昨日説明した「外来河川」などが良い例なのですが、
 この他にも地下水が湧きだす場所というものがあるそうです。

 たしかに砂漠では地表の水はすぐ蒸発してしまいます。
 前述の人間に必要な水分という話にも関係あるのですが、「マスターキートン」では、
 砂漠の真ん中で遭難した場合、穴を掘って直射日光を避ければ、
 体内の水を奪われずに生きられるそうです。

 ということは、砂漠でも地下ならば水が流れている可能性はあるわけです。
 もちろん穴を掘ってすぐに水が流れているというのは難しそうですが…。



 このような外来河川や、地下水が湧き出る場所などのように、
 水(特に飲める水)が手に入る場所をまとめて「オアシス」と呼ぶそうです。

 この周辺ならば人が生活することができるらしく、
 その決定的な証拠として、外来河川のナイル川周辺では、
 世界的にも古くから人が住んでいたそうです。


 ただ、残念なことに現在のナイル川は、上流部にダムがつくられたことで、
 天敵となる動物が少なくなったことで、貝類が繁殖してしまい、
 その貝類に寄生する危険な虫がたくさんいるそうです。

 ナイル川の水をそのまま飲んだり、浸かったりすると、その虫に卵をうみつけられて、
 内臓に問題がでたりするそうなので、気を付ける必要があるそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。