スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二酸化炭素とスノーボールアース

 どうもこんばんはライネです。
 寒い!

 暖かかったり寒かったりがコロコロ変わると、身体に障りますね。
 まあ、氷河期の話をするにはちょうどいいかもしれません。
 前向きに考えましょう。


 ひとまず現在解っている範囲では、氷河期は4回以上あったようです。
 特に一番古いとされる7億年前の氷河期では、「スノーボールアース」と呼ばれる、
 全球凍結が起こり、赤道直下までもが氷に覆われてしまったそうです。

 ただ、これはこの10年くらいで解ってきた事らしく、
 実はそれ以前にはありえないとされてきた考えなのだそうです。


 というのも、地球が全て凍ってしまうと、太陽からやってくる熱を反射してしまい、
 そのままでは氷が溶けることが無くなってしまいます。
 どうやら現在の研究でも、一度地球のすべてが氷に覆われてしまうと、
 太陽の熱だけでは元に戻ることはないそうです。
 なので、現在が凍っていないのだから、一度も全球凍結がおきたことはない。
 というのが通説だったようなのです。


 けれども、最近の地球温暖化という話題で、悪い意味で注目されている二酸化炭素があれば、
 全球凍結が起こっても、もとに戻る事はあるだろうと言われるようになり、
 なら、(全球凍結も)あったかもしれないねと考え直されるようになりました。

 ただし、二酸化炭素は全球凍結の原因でもあったようです。
 まだ海ばかりだった頃、地球上にあった二酸化炭素が、陸地が作られるようになることで、
 段々と地面の中(地面を構成する岩石の中)に取り込まれた結果、
 二酸化炭素不足によって、地球は急速に寒くなっていきました。


 そう考えると、二酸化炭素は多すぎても少なすぎても、地球の気温を大きく作用してしまう物質のようです。
 なぜこのような厄介な性質を持っているかと調べてみますと、
 二酸化炭素は赤外線という物に熱を与える性質のある揺れを吸収してしまうそうです。

 二酸化炭素が多ければ、宇宙からやってくる熱を捕まえつつ、地球から出ていく熱も捕まえるので、
 地球は暖かくなりますが、なければその逆がおこるので、地球が寒くなってしまう訳です。
 二酸化炭素の持つこのちからを温室効果と言います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。