スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本水準原点って何のためにあるの?

 こんばんはライネです。
 日本の地図の基準は「日本経緯度原点」にありましたが、
 もうひとつ、高さの基準ともいえる「日本水準原点」と言うものがあります。
 今日はこれについての話です。


 まず、高さを表す言葉には「標高」と「海抜」がありますが、
 「結論だけ見れば、これらの言葉に違いはないハズ」なので、
 特別に使い分ける必要はありません。

 とはいえそれでは話が進まないので、日本水準原点から求められる高さを、
 「標高」と言うそうです。


 地形図には高さも描かれているので、もちろん地図を作る時には高さも計測しています。
 ところが高さの計測は、昨日の方法ではできません。

 ざっくりとした説明をすると、局所的な高さを測量するには
 次の図のような方法を使っているようです。

高さの計測


 そして、基準となっているAのように、
 日本全国の高さの基準となっているのが「水準原点」なわけです。

 これがあるのは住所で言うと、「東京都千代田区永田町1-1-2」という場所。
 国会議事堂前の公園内にある石製の倉庫の中にだそうです。


 基準と言っても、ここを0mとしているわけではありません。
 凄く中途半端に見えるかもしれませんが、ここは現在、標高「24.39m」だそうです。

 経緯度原点と同じように、どこでも良かったので、
 明治24年(1891年)に陸地測量部があった場所に設置されました。
  ※この3年前に測量局は「陸地測量部」に昇格しています。

 どこでもいいとはいいつつ、安定した地層の上になければ、
 この基準が動いてしまうので、一応は考えられていたそうです。

 けれども、元々は標高「24.5m」として作られていました。
 それが1923年の関東大震災によって「24.414m」となり、
 2011年の東日本大震災によって現在の数字に変化したそうです。



 さて、ではどうやってこの「24.39m」(元々は24.5m)は決まったのでしょうか?
 「基準の基準」という話になってしまいますが、これは東京湾の平均海面の高さから決められています。

 だったら毎回それを基準にすればいいじゃないかと思ってしまいますが、
 海の高さは潮の満ち引きなどで変化しますし、月との位置関係によっても変化しますので、
 常に基準とするのは難しいようです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。