スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球の歴史と人の歴史

 最近、長時間の番組が多いので、ついついテレビに見入って他のことができません。
 先生が言うには年末の風物詩みたいなものだそうです。

 1時間番組を2本つくるより、2時間番組を1本作った方が楽なのと、
 年末年始でいかに人気を得るかがテレビ局のプライドだそうです。
 そういうことならアメトーーーーク(30日)と、ガキの使い(31日)に期待します。
 どうもこんばんはライネです。


 今日も中世の地図の話をしようと思ったのですが、その前に。
 そもそも中世って何なのでしょうか?

 調べたところ、世界の歴史の区分のひとつだそうです。

 世界の歴史といえば、冥王代から続く例の地質年代はどうなのでしょう。
  ※10月13日「だいたい30億ラウンド目」・11月7日「世界の大地形」参照。

 「歴史」と言うと私の中では「ものの(比較的長い)時間変化」という認識です。
 なので、「地図の歴史」だとか「地球の歴史」なんていう言葉も平気で使います。

 ところが、こちらの言葉ではただ単に歴史というと、
 「現在残されている物から知ることのできる人間社会の移り変わりの過程や出来事」
 なのだそうです。(国語辞典より) 

 だから「先史時代」とか「有史」なんていう言葉があるんですね。
  ※先史時代とは文字記録の無い(けれども人間はいる)時代の事だそうです。


 そんなわけで地質年代の話とは、また別の歴史区分だと考えてください。
 というより、地質年代のスケールは1000万年~億年が単位だったのですが、
 こちらは精々長くても100年~1000年単位なので、混同するとかえってややこしいと思います。

 ちなみに文字はなくとも、かろうじて人間がいる時代を地質年代では「第四紀」と呼んでいます。
 図にするとこんな感じです。


地質年代と有史時代


 大きな区分では、人の目に見える生物がいるという意味でカンブリア紀から続く「顕生代」。
 もうひとつ小さな区分では、恐竜が絶滅したあとの時代という意味で「新生代」。
 その中にあるのが「第四紀」というヒトが登場した時代です。
  ※ヒトの登場に関しては10月15日「最強の弱者」を参照してください。
   つくづく科博に行って得た知識は役に立ってますね。

 
 ちなみに「第四紀」と言うと第一紀はあったのだろうかと思いますが。
 この分類はまだまだ科学的な分析が発達する前のものだそうです。
 第一紀を化石が出ない時代(当てはめるならカンブリア紀よりも昔)、
 第二紀を今は見ることのできない生物の化石が出る時代(当てはめるならば古生代~中生代)、
 ということになります。

 また、第四紀も詳しくみると、更新世(洪積世)と完新世(沖積世)に分かれます。
 どちらもヒトがいることに変わりはありませんが、更新世は「氷河の時代」、
 完新世は「最後の氷期」が終わった後の時代で、だいたい1万年前から現代を指します。
  ※「氷河の時代(氷河期)」と「氷期」の違いはまたいづれ説明します。

 というわけで、言葉通りの意味で言うならば「歴史」は第四紀の完新世の中でも、
 比較的最近の部分だけを指す言葉ということになります。
  


 そして歴史区分なのですが、まず歴史が始まる時代を「古代」と言います。
 その次の時代が「中世」で、その後には「近世」、「近代」、「現代」と続きます。
 歴史、古代が始まるのは先ほども言ったように文字が残っている時代です。

 
 で、肝心の中世はどうやら5世紀~15世紀を指す言葉だそうです。
 実はこの概念は地域によって多少の違いがあります。
 TOマップが作られた時期がまさしく、中世ヨーロッパなのですが、
 中世ヨーロッパの始まりは、西ローマ帝国の滅亡(476年)頃だそうです。

 具体的な事柄というか、国のシステムの変化でこの区分は判断されているらしく、
 王様が支配する時代が終わり、「戦乱の時代」というのがひとつの見分け方のようです。
 なので、「暗黒時代」なんていうイメージの悪い言葉も使われています。
 (最近は見直されているようですが)

 というわけで、ヨーロッパにおける中世というのは、
 「ゲルマン民族」という当時のヨーロッパにとっては野蛮な人たちがやってきた時代、
 そのあとのキリスト教の偉い人が、各国の王様よりも偉くなる時代、
 そして、キリスト教の支配や王様の支配から抜け出そうとする時代が含まれているようです。

 
 面白いことに、全くヨーロッパとは関係のない日本でも時期は少しずれる物の、
 似たような歴史をたとっているらしく、大河ドラマでやっていた平氏の時代というのが、
 まさしく中世のはじまりだそうです。

 結構面白い共通点ですね。
 どこの国でもおんなじような歴史を経験しているということは、
 これは現代につながるための一種の通過点なのかもしれません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。