FC2ブログ

天保の改革


 どうもこんばんはライネです。

 江戸時代のお話もそろそろ大詰めになりそうです。
 徳川家斉が子供を作りすぎたことで、幕府の財政が危うくなったところから
 今日のお話しを始めましょう。


 白河藩の「松平定信」による「寛政の改革」により、
 「田沼意次」時代の金儲け優先政策が終わります。

 そして、農業に再び力を入れることになったわけですが、
 松平定信の政治は厳しすぎて批判の強く、失敗します。



 その後、「水野忠成」と言う人が再び田沼意次と似たような政治を行い、
 やっぱりお金儲け中心になりました。

 殿様が子づくりばっかりで、政治家は賄賂三昧。
 幕府の経済を立て直すために大量のお金をつくって物価が高くなると来たら、
 一般人は怒ります。

 大阪では大塩平八郎と言う人が反乱を起こしたそうです。
 「一揆」という農民の反乱は、わりとよくあったようですが、
 そこそこな立場の人が、幕府に対して反乱を起こすというのは、
 江戸時代の中では非常に珍しい例だったようです。



 こうした状況で、跡を継いだ「水野忠邦」と言う人が、再び改革を行いました。
 これを「天保の改革」と言います。

 先ほどの水野忠成さんと名前が非常に似ていますが、
 今の感覚で言えば、偶然名前が似ているだけと言ってもいいくらいの関係のようです。
 (先祖をたどれば、水野氏という人から始まった同じ一族ですが)

 
  
 江戸時代の「なんとかの改革」と名前が付くのはこれで3回目ですが、
 徳川吉宗さんの享保の改革も、松平定信さんの寛政の改革も、
 そして今度の水野忠邦さんの天保の改革も、基本的には徳川家康の頃のように、
 強い幕府と質素倹約を目指したものでした。

 ただ、やっぱり厳しくすれば反発もあって、
 いろいろな人が幕府の力の限界に気付きだす頃でもあったようです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック