スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOマップと宗教の話

 どうもこんばんはライネです。
 今日はなんとも説明の難しい世界地図です。
 なにはなくとも、ひとまずこちらの地図をご覧ください。

TOマップ

TOマップ現代版

 昨日説明したプトレマイオスさんの地図が大体いまから、1850年前のものでした。
 その前のエラトステネスさんの地図は2200年前、
 さらにその前のバビロニアの地図が2600年前です。
 
 どう見てもバビロニアのものと、エラトステネスさんのものの間くらい、
 年代にして2400年くらい前の物に見えますが、実は1400年前のものです。
 エラトステネスさんやプトレマイオスさんの地図があれだけよく出来ていたのに、
 1000年分くらい退化してしまったように見えます。

 この地図はT字に描かれた2つの川と地中海、そして取り囲む円形の海から、
 「TOマップ(TO図)と呼ばれています。


 まずはこの地図の説明をしましょう。
 これまでの地図や、私たちが良く目にする地図は、基本的に上が北を示しています。
 ところがこの地図の場合、上は東です。

 その方向には私が描いたものでは「オリエント」とありますが、
 実際には「Oriens」と書いてありました。
 これは、ラテン語という言葉で「日が昇る方角」を意味するそうです。

 「オリエント」は「Oriens」を語源とする「東洋」を意味する言葉です。
 わかりやすくするために置き換えました。

 ちなみに、「オリエント」が示す実際の地域は色々あるそうです。
 東洋というと、日本などを含む「東アジア地域」だったりしますが、
 オリエントでは「西アジア地域」を示す言葉だったりすることもありと、
 まあ広い意味でアジアだと思ってもらっても問題はないでしょう。

 で、なんで地図の外側に、しかもアジアが描かれているのに、
 こんなものが書いてあるのかと言いますと、
 描いた人達は、この方向には天国のような場所があると考えていたからだそうです。
 それを「エデンの園」と呼んでいます。 


 そして地図の中央には、地中海の一番東側が当たります。
 ここにはエルサレムという都市があって、これを聖地と考えていたそうです。
 さらには、エラトステネスさんの地図にはもうなかったオケアノスが描かれています。

 プトレマイオスさんがあれだけ正確な地図を描こうとしたのに、
 この地図は「世界観」だけでできているのです。
 どうやら調べてみると、わざとシンプルに描いているようです。



 これを説明するには、少しばかり当時の状況を知らなくてはいけません。
 もうお気づきでしょうが、これを描いたのはヨーロッパに住むキリスト教を信じる人たちです。
 この人たちは、世界地図をちょっと違う目的のために作ったようなのです。

 普段私達が地図を使う目的と言えば、どこかに迷わずに行くためです。
 ところが、この地図を作った人たちは、地図を宗教のために使ったのです。

 世界の中心は聖地エルサレムだよ。
 東の果てには楽園があるよ。
 ものによっては、ドラゴン何かが描かれていたりする、地図の形をした経典なのです。
 だから、神さまの作ったこの世界は完璧な円でなければならなかったわけです。
 別に詳しい測量なんて必要なかったのです。



 なんでこんなことになってしまったのかと考えると、これは私の推測ですが、
 宗教によって国がまとめる必要があったからだと思います。

 私の居た国の歴史も似たようなものだったのですが、
 色々な事を考える人がいると、国をひとつにまとめるにはものすごく力が必要です。
 そこで、皆が当然のことだと考えるような決まりがあると、ひとつにまとまりやすくなります。

 神さまがこうやって世界を作ったんだよ。
 つらいことも何でだろうと思うこともあるけれど、ぜんぶ神さまが決めたことなんだよ。
 神さまに救ってもらうためには、一生懸命働こうね。

 神さまという所がいいですよね。
 物凄い力を持った架空の人に全部押し付けてしまえば、みんなしょうがないと思えます。


 私は別に宗教が悪いという気はまったくしません。
 こんな私でも、ある程度は信仰心がありますし、無くていいものだとは思いません。
 ただ、それとこれとは別と考えたほうが良いものはあると思います。

 なんでもかんでも神さまのせいにしたり、
 神さまの威光を借りて、誰かが私腹を肥やしたり、
 本当に必要なことを見失うことはいいことだとは思えません。


 ただ、国をまとめるために、必要だった宗教はだんだんと力を持つようになります。
 王様よりも宗教的な指導者のほうが偉いということになってきます。
 こうして、世界は神様が作ったことを証明するような地図が出来上がったわけです。
 普段の暮らしをする分には、別に世界地図なんてなくてもいいわけですしね。


 前にも書いたと思うのですが、私がいた世界でもこの手の本来はあるべきではない障害が
 たくさん残っていまして、だんだんと自由な考えができるようになっていました。
 宗教を信じることで心から正しい生活ができることはいいことだと思います。
 けれども宗教が必要以上に大きい権力を持って真実を覆い隠すことは、やるせないです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。