FC2ブログ

コンピューターの住所


 どうもこんばんはライネです。

 インターネットではデータをパケットと呼ばれる小分けされた情報で通信し、
 さらにプロトコルというルールにのっとっているというところまでは説明しました。


 今日はデータを送る時の住所の書き方を見ていきましょう。
 手紙も電話もインターネットも、基本的には皆が別々の住所なり番号なりを持っているから、
 目的の相手に向けて情報を送れるし、情報を受け取れるわけです。


 例えば手紙について考えてみましょう。
 郵便局のサイトで国際郵便での宛名の書き方を調べてみると、
 
国際郵便の宛名

 ①氏名、②建物名・部屋番号、③住所番号、④都市名、⑤郵便番号、⑥国名の順で書くこと。
 宛先の国で使われている言語で書くこと。
 国名は大文字で書くこと。
 
 という説明されています。
 ある意味、これもプロトコルなのでしょう。
 日本国内での住所の書き方とはだいぶ違いますね。


 とはいえ住所は地名があればいいので、困ることはないのですが、
 電話やインターネットでは数に限りがあるようです。

 電話の場合、国内の固定電話では10ケタ、携帯電話では11ケタの番号が使われています。
 固定電話の一番初めは「国内への電話であることを示す0」が使われるので、残り9ケタ。
 つまり、固定電話は9億9999万9999個までしか存在しないわけです。
 日本の人口が1億3千万人居ないくらいなので、よっぽどのことが無ければ大丈夫のようです。

 
 なお、他の国に電話を掛ける場合は、さらに頭に国を示す番号を使うので、
 あとはその国の中の問題になります。 
 人口が10億人を超えている中国あたりでは9ケタだと厳しいのかもしれません。



 問題はインターネットでして、インターネットの場合は、
 国を越えて同じルールで通信するので、
 全世界の全てのコンピューターに同じルールの番号を割り振らないといけません。


 現在では「IPv4(インターネット・プロトコル・バージョン4)」という物が使われていて、
 「8ビット(1オクテット)」を4個合わせたものが使われているそうです。

 詳しい説明は明日することにして、ざっくり言ってしまえばこの方法では
 約43億個のコンピューターをつないだら、限界になってしまうらしく、
 「IPv6」という新しい方法が考案されているようです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック