スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカの鉄道


 どうもこんばんはライネです。

 日本のノーベル賞受賞者が2人増えてしまいました。
 大変喜ばしいことなのですが、クイズ番組で先生に勝つ為には、
 受賞者の顔写真、名前と簡単な研究内容を頭に入れておかなくてはいけないので大変です。

 ちなみに、日本の内閣総理大臣も頻出問題なので一応、有名な方は調べてあります。
 あとは先生の弱点である芸能関係をカバーしたいですね。



 さて、今日はヨーロッパから大西洋を渡って、アメリカの鉄道について見て行こうと思います。
 とはいえ、アメリカは自動車と航空機が中心の国らしく、
 鉄道、特に旅客用の鉄道はそれほど発達しているわけではないそうです。

 そんなアメリカにあるほとんど唯一と言っていい高速鉄道が、
 「アセラ・エクスプレス」という鉄道です。
 広いアメリカの中でも、ボストンから首都のワシントンD.C.まで走っているそうです。

アセラエクスプレス

 広いアメリカの中でこれだけかと思うかもしれませんが、
 上の地図とほぼ同じ縮尺で日本を見てみると、こんな具合になりまして、
 アセラ・エクスプレスの走る距離は、少なくとも東海道新幹線よりはだいぶ長いようです。

サイズ比較


 ちなみに、昨日も言ったように世界の高速鉄道のほとんどは、
 日本の新幹線か、フランスのTGV、ドイツのICEなどの技術を応用しているとのことで、
 アセラ・エクスプレスの場合は、TGVの技術を応用しているのだそうです。


 もしかしたら、今後、アメリカのカリフォルニアに走ることになるかもしれない高速鉄道は、
 日本の新幹線、もしくはリニア新幹線の技術を使うかもしれないとのことですが、
 詳しい話はまだほとんど決まっていないらしいので、どうなるかはわかりません。


 また、大都市には地下鉄などもあるのですが、
 アメリカの鉄道と言えば、貨物の方が強いのだそうです。

 むしろ貨物なら世界最大の鉄道大国でもあるらしいのですが、旅客だけでは経営が苦しく、
 日本のJRのような大きな鉄道会社として「アムトラック」というものがあるそうですが、
 この会社は貨物がメインで、おまけに旅客という形になっているのだそうです。
 ちなみに先ほどのアセラ・エクスプレスもアムトラックが経営する路線です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。