スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道①


 どうもこんばんはライネです。
 今日は「道」についてのお話しです。

 徒歩という交通手段は、それこそ山でも森でも草むらの中でも使えるのですが、
 人が何度も通ると、自然と「道」が出来上がります。
 さらに便利な「道」はもっと通りやすいように整備されて、多くの人が通れるようになるわけです。
 
 整備したものはさておき、道そのものは勝手に出来上がる物なので、いつからあったかはわかりませんが、
 既に2000年以上昔から、ユーラシア大陸を横断するほどの道、いわゆる「シルクロード」があったそうです。

 ただし、気を付けないといけないのは、シルクロードは一本道ではありません。
 「古代のヨーロッパとアジアをつなぐ道(海路も含めて)」全般を言うそうです。
 

 日本に目を向けてみると、「古道(こどう)」と呼ばれる古いふるい道がたくさんあるようです。
 世界遺産にも登録されている「熊野古道(くまのこどう)」なんかは知っている人も多いと思います。

熊野


 この道は、和歌山県の熊野にある神社に行くための道で、
 今から1000年くらい前に上流階級の人々の間でこれらの神社に出かけるのが流行ったそうです。
 ちなみに、これらの神社の神様に使えているカラスは現在、サッカー日本代表を守っています。


 あとは、去年の北陸旅行で乗った大糸線
 あの、とてつもない線路のすぐ近くには「塩の道」と呼ばれる千国街道があるそうです。
 どうやら日本海から長野県に塩を運ぶのに使われた道らしいのですが、
 電車に乗っていても生きた心地がしなかったのに、狂気の沙汰だと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。