スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尺貫法とメートル法


 どうもこんばんはライネです。

 7月末から8月の頭にかけて暑すぎると言い、8月中旬には雨が降らないと嘆いていたら、
 8月末から急に寒くなり、毎日のように雨が降るようになってしまいました。
 さらに、寒い寒いと言っていたら今日は少し気温が高くなったのにこの雨です。
 湿度が90%を超えてしまい、生きる気力がめりめりと減っていきます。
 というわけで、もう曖昧なことは言いません。

 気温は23度くらい、湿度50%くらいの爽やかな風が吹くような気候になれ!
 

 
 冗談はこのくらいにして、交通編第二回目です。
 昨日は旅客と貨物の話をしましたが、この分類は「本人以外の運ぶ人」が居なければ成り立ちません。
 いったいいつの時代から「運ぶ人」が登場したかはわかりませんが、
 すくなくとも大昔から交通の基本は「自分の足」だったわけです。

 ちなみに、江戸時代の人は東京から大阪まで「東海道」という道を2週間歩いて移動したようです。


 江戸時代の運送業にして通信業でもあった「飛脚」という人たちは、
 途中途中でリレーして、3日くらいで東京・大阪間を移動したと言われています。
 それが今では新幹線で3時間だというから、凄い世界ですね。


 もうひとつ面白い話として、日本の古い単位に「里(り)」というものがあります。
 日本だけでなく中国の影響を受けた地域には里など「尺貫法(しゃっかんほう)」という単位があって、
 これが今でもボチボチ残っているわけですが、これが結構興味深い。

 時代や地域によって尺貫法が示す長さや重さには違いがあるのですが、
 現在では1里はおおよそ4km弱(3927.27メートル)とされています。
 実はこれ、1時間で歩く距離とだいたい同じくらいなのだそうです。

尺貫法


 東海道の江戸から京都までは125里ほどあったそうなので、これを14日で移動するとなると・・・
 だいたい1日9里、毎日9時間も歩くことになるのですか。
 それはそれはお疲れ様でした。


 実は1時間ほど、グーグルアースで東海道をたどってみたのですが、
 国道1号線に沿っているとはいいつつも、車1台が通れるくらいの狭い道だったりして、箱根で断念しました。
 江戸時代の人、本当にすごいや・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。