スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地図記号紹介⑬~鉄道編2~

 今日の昼、先生が「水曜どうでしょう」DVDをずっと見ていまして、
 私もそれを見ていたのですが、やっぱり面白いですね。

 基本的には旅に文句を言うだけの番組なのですが、不思議な魅力があります。
 それ魅力!

 そして先生が冬の旅行の企画で何か良からぬことを閃かないことを祈るばかりです。
 深夜バスだけはやめてね!!

 でも立山黒部アルペンルートは行ってみたいなぁ…。
 どうもこんばんはライネです。


 今日はそんな立山黒部アルペンルートで楽しめるロープウェイなんかの地図記号ですよ。
 昨日は説明できなかったその他の鉄道の記号はこちら。

その他

 以下、簡単に解説します。

 地下鉄というのは地下を通る鉄道のことです。
 そんなことまで説明する必要はないですね。
 でも、中には「地下鉄」なのに地上を通る時があります。
 
 この時は地上を走る鉄道として、JRかそれ以外かの記号が描かれます。
 また逆にほとんど地上を走っているけれど、部分的に地下を走る場合は、
 JRでもその他の鉄道でも、この地下鉄の記号がつかわれているようです。


 一応、分類ではロープウェイなどをまとめてリフトと呼んでいて、
 地図記号的には鉄道として描かれています。
 ポイントはずっとあるかどうか、主要かどうかで、条件さえ合うならば、
 スキー場のリフトも描かれるそうです。

 
 そして路面電車なのですが、中央分離帯との違いは何でしょうかね?
合わせ技

 そういうときは、実際の地形図を見るといいのですよ。
 私の持っている地形図にも、都内に1つしかない路面電車が映っているはず!

 というわけで、結論。

路面電車の地図記号

 まぎらわしいよ!


 最後に良く解らない「特殊鉄道」ですが、ようするに一般人が利用できない路線の事をいうようです。
 具体的には以下のものだそうです。
  ・工場等、特定の地区内の鉄道
  ・採石場と工場を結ぶ専用鉄道
  ・貨物専用鉄道のうち、他の路線に接続していないもの

 
 ちなみに、トローリーバスなのですが、Wikipediaによれば法律上は鉄道扱いだそうですが、
 地形図的にはバスとして扱われているようです。
 立山黒部アルペンルートを調べて、大泉隊長が乗ったトローリーバスを調べたのですが、
 トンネルが描かれているだけで、トローリーバスは何も描かれていませんでした。

 トローリー!
 おう!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。