FC2ブログ

さっきのお手紙、ご用事なあに?


 どうもこんばんはライネです。
 今日からはアメリカが指摘する日本のサービスや商売上のルールについて見ていく予定だったのですが、 
 その一番最初に指摘されている郵便について、一度整理しておく必要があるようです。


 まず「郵便」という言葉について、私は少し勘違いしていました。
 ついこの間も先生のおつかいでちょっとした荷物を送ることがあったのですが、
 これは厳密に言えば郵便じゃないようです。

 郵便も荷物を送ることができるわけですが、本来は手紙などを送ることがメインで、
 むしろ、郵便局以外の会社、例えば黒猫さんに送ってもらう荷物の中に手紙を入れることは、
 厳密には法律違反なのだそうです。



 どうやらこれは手紙の歴史みたいなものに係ってくるようです。
 今でこそ、遠くにいる相手に情報を伝える手段はいくらでもあります。

 でも、電話やインターネットが生まれる前には手紙がその中心手段で、
 例えば、偉い人は大昔から信用できる人に手紙を届けてもらっていたわけです。

 これが簡単にできるようにするために、手紙を送る仕事が発達していったと考えられるわけですが、
 途中で仕事を放棄して、荷物をぽいっと捨ててしまうようでは、情報が伝わりません。
 今なら電話で「手紙届いた?」とか聞けるわけですが、そもそも手紙しかない時代には、
 ちゃんと届いているかどうか確かめる手段は手紙しかないわけです。

 だからこそ、現在でも多くの国で手紙の配達は国が見張っている仕事というわけです。


 そんな郵便ですが、日本では2007年から少し変化がありました。
 国が行っていた郵便という仕事を、民間企業が行うように変わったのです。
 これを「郵政民営化」と呼んでいます。

 とはいえ、完全にそこらにある普通の会社と同じになったかというと、
 そういうわけでもなさそうですが…。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック