スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香港もAPECに加盟しているの?


 どうもこんばんはライネです。

 さて今日は、というかこれを書いている時点では明日は、
 いつ更新できるか読めないので、旅の途中ではありますが、
 通常通りの内容を進めていきますよ!


 前々回、かなり大雑把な中国の歴史を説明して、清までこぎつけましたので、
 今日は「香港」について見ていこうと思います。

 中華民国のひとつ前の時代、「清」のころ、中国(清)はイギリスと戦争をします。
 その名も「阿片戦争(あへんせんそう)」。
 
 このあたりは、もやしもんの中でも少し触れられていましたが、
 当時の中国(清)はイギリスにお茶などを大量に輸出していました。
 けれども、イギリスはお金(銀)で輸入代金を支払うのをケチり、
 物々交換という形で貿易しようとしたようです。


 そして、中国から輸出されるお茶に対して、
 イギリスが売ったものというのが「阿片(あへん)」という麻薬だったわけです。
 ※正しくはイギリスが直接販売したのではなく、植民地のインドが販売した。

 一方、中国からしてみると、国内に入ってくるのは麻薬です。
 吸引することでどんどん、国内の人間がダメになっていくのは何とかしないといけない。
 ということで、中国はかなり強気の姿勢で麻薬の輸入禁止を行いました。

 そうなると困るのはイギリスです。
 さすがに「麻薬を売れなくなったから」という理由では
 イギリス国内でも反対の意見もあったようですが、
 最終的に、貿易関係のこじれから、戦争へと発展してしまったわけです。


 ちなみに、当時の中国は実際に戦ったら強いだろうと思われ、
 「眠れる獅子」と呼ばれていたのですが、
 イギリスには太刀打ちできず、あっさりと負けてしまいます。


 こうして負けた中国は徹底的にイギリスに有利な条約を結ばされ、
 とうとう「香港」がイギリスの植民地となってしまいます。


 この植民地としての香港はある意味では現在も続いているのですが、
 少なくとも20年ほど前の1997年までは完全にイギリスの植民地でした。
 実は香港は1991年にAPECに加盟しているのです。


 その後、1997年にイギリスから中国に返還されることになったわけですが、
 急に国が変わっては住んでいる人も大変だろうということで、
 50年間、つまり2047年まで香港は、中国ではあるけれども、
 「自分たちで政治を行ってもいいし、国際組織に別に参加してもいい」
 というような権限をもらっているわけです。

 ですので、APECには香港という地域ではあるものの、参加が続いているわけですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。