スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリスのアフリカ植民地


 どうもこんばんはライネです。

 今日も引き続きましてアフリカの植民地の歴史について見ていきますよ。
 イギリスはアフリカ南部を植民地とするのと同時に、
 アフリカ北部にも植民地をつくりました。

 そのきっかけとなったのはエジプトです。
 実はこれ以前にエジプトはフランスと協力して「スエズ運河」を作ったのですが、
 スエズ運河の管理会社が内部事情によって破産しそうになりました。
 そこをイギリスが会社ごと買い取ったのだそうです。

 これをきっかけに、エジプト国内にも口を出すようになり、
 とうとうエジプトはイギリスの保護国となりました。
 また、その後エジプトと共にスーダン、南スーダンを植民地としました。


 さて、詳しくはまた後日の説明になりますが、
 ヨーロッパの他の国もどんどんとアフリカに植民地をつくっていくと、
 植民地同士がぶつかって、アフリカでヨーロッパの国同士の争いが起こり始めます。

 そこで、ドイツでアフリカの植民地に関する話し合いが行われました。
 とはいえアフリカの国やそこに住む人は一切関係なく、
 あくまでもヨーロッパの国同士の話し合いです。


 この話し合いを経て、イギリスはさらにアフリカの東と西にも植民地を手に入れることとなります。
 最終的なイギリスの植民地はこんな感じです。

イギリスのアフリカ植民地
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。