スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソビエトの崩壊


 どうもこんばんはライネです。

 はてさて、今日はソ連の崩壊までの流れについて調べてみましょう。
 ソ連と言えば冷戦のイメージがあるのですが、どうやらいきなり冷戦になったわけではなさそうです。


 ソ連の誕生は1922年で、その後国内でのゴタゴタはあったものの、
 1939年から第二次世界大戦へと突入します。
 そして第二次世界大戦が終わった後から、アメリカなどとの冷戦が始まったようです。

 今回は冷戦がメインテーマではないので、
 冷戦については「冷戦って何? ①」を参考していただくとして、
 ロシアが崩壊するまでの大きな流れを見ていきましょう。


 まず、ロシア崩壊の原因は内側と外側にあったようです。

 内側に関して言えば、簡単に言ってしまえば経済が上手くいかなくなったことにあります。
 社会主義国に多いのですが、こういう自由にお金を稼いではいけない国では、
 国がリーダーシップを発揮して、必要なものを作るように指示していくわけです。
 ある意味ひとつの会社に近い物があるかもしれません。

 ですので、社長が「今年は100トンの小麦をつくろう」と宣言して、
 社員全員に一人これだけ作りなさいと指示を出します。

 仮に一人「1トン」の小麦を作れと言われた時、「2トン」の小麦を作る人はそうそう居ないと思います。
 しかもどれだけ作ってもお給料が変わることはありません。
 つまり、この状況だと全員が上手くやれば本当に小麦が100トン手に入るわけですが、
 誰かひとりでも失敗したら目標が達成できないわけです。


 また、社長の権限があまりに強く、批判する人はクビになるような会社ですので、
 社長のどんな的外れな意見でもすんなり通ってしまいます。
 こんな会社辞めてやるという社員も結構な数居たのでしょう。 


 外側に関しては、仲間がどんどん居なくなったことにあります。
 中国とはケンカ別れをして、社会主義国をやめようとする国に口を出したりして、
 味方となる国がだんだんいなくなってしまいました。
 こうなると、さすがに一か国だけ意地を張っていてもどうしようもありません。

 そして、「ゴルバチョフ」さんがリーダーとなった時に、「ペレストロイカ(改革)」が行われました。
 また、原子力発電所で事故がおこると、「グラスノスチ(情報公開)」が進みます。
 こうしてだんだんと自由な意見が言える国へと変化していったわけです。


 要するにワンマン社長だった会社から、社員の意見が通る会社へと変化したわけですね。


 とはいえ、結果として国内でもっと改革を進めようというグループと、
 改革に反対するグループが対立してしまい、みんなが平等という大前提が壊れだします。
 その結果、ソ連から独立する国が出てきて、崩壊が止まらなくなりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。