スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本という名の惑星

 なんとか無事に建物の紹介が終わってホッとしているライネです。
 こんばんは。

 今日は和風総本家が「日本という名の惑星」シリーズですね。
 世界を知らない私にとって、他の国から見た日本はどういう国なのか、
 ものすごく興味があります。

 番組が終わってから内容をまとめようとすると、時間が無くなってしまうので、
 詳しい感想は明日ということにして、今日はこの番組の説明と、
 相手国について調べてみたいと思います。


 まず、和風総本家ですが、これは日本の色々な事を紹介してくれるクイズ番組です。
 あんまりクイズに主題を置いていませんが、クイズ番組です。
 詳しくは公式ウェブサイトをご覧ください。

 番組の事を他の番組で説明するのはどうかと思いますが、国内版の「世界不思議発見」
 と思っていただければいいでしょうか?

 日本の伝統技術やしきたりを紹介することが多いのですが、
 他の国から日本に興味のあるゲストを呼んで、その人たちの日本旅行を取材することもあります。

 そしてその中のひとつの企画に「日本という名の惑星」というものがあるのです。
 これはあまり日本の事を知らない国のテレビ制作スタッフに、
 (たいていは国営放送など、その国の大手テレビ局が多いです)
 「日本の事を取材してみませんか?」と呼びかけて、日本に来たその人たちの姿を撮影するものです。

 撮影する人を撮影するという不思議な番組なのですが、これがなかなか面白いのです。
 日本の事をそういう風に見ているのかということが良く解ります。

 おまけとして、その取材によってできた番組を本国で流しているところも撮影します。
 町のレストランや個人の家で、番組が放送されている様子を見て、
 「日本には凄く高い建築物があるなぁ、あそこにトノサマが住んでるんだろ?」的な、
 視聴者の反応も面白いところです。


 今回、日本を取材してくれる国は「セントクリストファー・ネイビス」という国だそうです。
 場所は南北アメリカ大陸のちょうど中間、カリブ海という海に位置する島国です。
 セントクリストファー島と、ネイビス島からなる国なので、この名前が付いているそうです。

 国を知るにはまず歴史からです。
 なんだか、元の世界にいた頃を思い出しますね。

 こういう時、こちらの世界ではどこで調べればいいのでしょう。
 本国で書かれた歴史というのは、申し訳ないですが事実を曲げて書いてある事が多々あります。
 特に国の誕生に関して、神様が登場したりする文献は話半分で読んだ方がいいでしょう。

 かといって近しい国の場合も主観が入ものはお勧めできません。
 主観が入らないという点では全く関係ない国目線の歴史が信用に足るのですが、
 今度はあまりに関係なさ過ぎて、意図しない誤情報が出てきます。


 今回の場合日本は、全く関係ない国と言っていいと思います。
 ということは意図しない間違いがあるかもしれませんが、残念ながら選択肢はあまりありません。
 何故なら、日本語しか解らない私にとっては日本の文章でないとそもそも理解できないので…

 というわけで、手っ取り早くWikipediaを見てみましょう。
 セントクリストファー・ネイビス
  
 年表しか書いてない!!
 ちょっと予想外でした。

 しょうがないので年表の中から成り立ちを簡単に抜粋しましょう。
 まずはクリストファー・コロンブスによって島が「発見」されたとあります。

 これは、こちらの世界独特の言い回しですね。
 多くの場合「発見」という言葉の前に「ユーラシア大陸(ヨーロッパ)人にとっての」という
 一文が隠されています。

 おそらく、すでに現地には人が住んでいたことでしょう。
 そこをヨーロッパ人が発見して、移り住んでいきます。

 どうやら、セントクリストファー・ネイビスの場合、イギリスとフランスがほぼ同時期に
 移り住んでいったようですが、両国のケンカに巻き込まれて先住民は居なくなってしまったようです。

 ケンカの結果、国土を分割して棲み分けが行われたようですが、その後も小競り合いがあって、
 結局はイギリスの物になったようです。
 ちなみに、こういう所を「植民地」と言います。 

 この植民地の奪い合いの結果、世界中を巻き込んだ戦争がかつて起こったらしく、
 現在世界中のほとんどの植民地は独立しています。
 セントクリストファー・ネイビスもその流れの様です。

 そうすると現在、セントクリストファー・ネイビスに暮らす人々はイギリス人ということになりますが、
 植民地時代の労働力としてアフリカから連れてこられた奴隷も数多く居たため、
 現在の国民の多くはアフリカ系の人のようです。
 
 なお、公用語が英語ということで、歴史的にはヨーロッパ、
 地理的にはアメリカとの関係も多いようですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。