FC2ブログ

尊王攘夷の変化


 どうもこんばんはライネです。


 調べれば調べるほど、仁先生が江戸時代にあらわれたのは、
 江戸幕府が全国をまとめるのが難しくなっていた頃のようです。

 細かい単語はたくさん登場するのですが、
 ひとまずポイントを押さえてみていきましょう。



 まずは、「尊王攘夷(そんのうじょうい)」というキーワードです。
 これは「天皇中心の国(尊王)」と「外国人出ていけ(攘夷)」という意見が
 合わさった考えでした。

 前半の尊王部分は、本来「天皇に認められた江戸幕府」だったのですが、
 他の国にいいようにされている様子から、「幕府を倒して天皇の国へ」に
 変わっていったようです。


 また、攘夷部分のほうも変化していきました。

 薩摩(鹿児島)の殿様の行列に乱入したイギリス人を切り捨てた
 「生麦事件」と、その報復から薩摩とイギリスの間で戦争が起こります。

 薩摩側から見ると当時世界最強のイギリスに対して善戦したのですが、
 それでも大きな被害を受けて、「外国人出ていけとか無理だ」と悟るようです。
 またイギリスも、「お前も意外とやるな」と戦後は協力するようになります。

 長州(山口)でも同じような具合で、近くを通る外国船にケンカを売って、
 ぼこぼこにされたので、もう「外国人出ていけは」不可能だと悟ったようです。


 悟ったといっても、昔から権力を持っていた人たちは
 なかなか考えを新しくすることができなかったのですが、
 新しい考え方をもった若い下級の武士たちが政治をひっくり返して、
 外国との結びつきを強めていったようです。


 こうして、外国の凄いところは認めて、さっさと考えの古い幕府を倒し、
 天皇中心で外国と並ぶような国を作らないとだめだという流れが強くなっていきました。
スポンサーサイト



プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック