FC2ブログ

武士と環濠集落


 どうもこんばんはライネです。
 今日は久しぶりの集落編です。


 戦国時代になって、本格的で実力重視な武士の時代になりました。
 武士はもともと、平安時代に藤原家の摂関政治が行われていたころ、
 地方の政治が不安定になったことで、その自分の土地を守るために誕生した人々です。
 
 それがだんだんと大きな集団になり、
 政治的な対立がおきた時の解決手段として使われるようになり、
 武士のリーダーが天皇に代わって政治を行うようになりました。
 平氏、源氏(北条氏)、足利氏による政治です。

 ところが足利氏の権力は地に落ちて、
 全国の武士やら実力者やらが自治と土地の奪い合いを始めるのが戦国時代です。
 


 自分の土地を守るという意味では、一か所に定住して農業を始めた弥生時代、
 もしくは縄文時代の頃から行われていたはずですし、
 武士が生まれる前でも、国家公務員として警察と自衛隊のような仕事はあったようです。

 とはいえ、戦国時代が武士による土地の守り合い・奪い合いがピークだったのは
 間違いないでしょう。

 次の江戸時代になると、勝手に城を改造することは禁止されて、
 命令以外で戦うことも禁止されたので、武士はいたけれど、
 地方の王様か、もしもの時の戦力ということで、実際の戦いはほとんど起こらなかったようです。

 
 というわけで、あらかた武士、もしくは土地の警備員の話が出そろったところで、
 そういう人たちが作った集落のお話しがやっとできるようになりました。



 今日は「環濠集落(かんごうしゅうらく)」について見てみましょう。
 環濠とは土地のまわりをぐるっと堀で囲った集落で、
 防御力重視の集落のひとつです。

環濠集落



 大抵は堀に水を入れて、防御と交通に便利な集落が多いようですが、
 穴を掘っただけで水がないものもあるようです。
 (この場合は「濠」の字を「壕」にする)

 以前、どんなところに集落が見られるかということで、
 堀に囲まれた集落として登場しましたね。


 古いものは縄文時代くらいから見られるようですが、
 油断していると他の地域から攻められる可能性の高かった戦国時代でも、
 襲撃に備えて作られたようです。
スポンサーサイト



プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック