FC2ブログ

鎌倉幕府と武士

 どうもこんばんはライネです。

 それではいよいよ鎌倉時代の国内の様子についてみていきましょう。
 大雑把に言ってしまえば、住んでいる人そのものはあまり変化がなく、
 荘園という、有力者が持つ私有地と、
 国衙領という、国から派遣された国司が管理する土地の二種類があったようです。

地頭


 とはいえ、鎌倉幕府によってこれらを実質的に管理する「地頭(じとう)」が置かれ、
 地頭には「御家人(ごけにん)」と呼ばれる鎌倉幕府に従う武士が任命されました。
  
 地頭の仕事は地域内の警察であり、なおかつ税金の回収員でもあったようで、
 回収した税金を有力者や国司に納めたようです。
 ようするに武力を持った地方公務員ですね。
 
 幕府は御家人を地頭を任命し、その土地を管理する有力者や国司から
 権限を奪われないように保障する代わりに、何かあったらその武力を貸してね。
 という「ウィンウィンな関係(御恩と奉公)」を結び、国をまとめました。

御恩と奉公


 ウィンウィンである以上、とても固い統治システムだったのですが、
 とある出来事でこのシステムにほころびが生じることになります。
 というのも、例えば反乱者が現れた場合、御家人たちは鎌倉幕府のために対処に当たります。
 そしてその貢献に対して反乱者の土地を与えることでやっぱりウィンウィンなわけです。

 ところが、不幸にもこのころモンゴルから日本が襲撃される事件が起こりました。
 これに対して幕府主導で力を合わせて撃退したので、
 確かに天皇よりも幕府のほうが役に立つことは証明できたのですが、
 問題は「外国からの襲撃を撃退した」ということです。

 相手が国内ならば没収した反乱者の土地を与えてウィンウィンで済むのですが、
 土地が奪えなかったために、骨折り損のくたびれ儲けで、幕府は十分な報酬が出せなかったわけです。
 これによってだんだんと、幕府に対するイライラが増えていくことになりました。
スポンサーサイト



プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック