スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

摂関政治から院政へ


 どうもこんばんはライネです。


 今日は平安時代の歴史の続きです。
 地方の政治が不安定になると同時に、土地を守る自警団のような存在として、
 各地に「武士」が誕生したそうです。


 当初は小規模な集まりだったようですが、
 だんだんと規模の大きな集団にまとまっていきます。
 彼らの中には武芸に特化した人々として、
 中央の警護や地方の治安維持に採用されるケースもあったようです。


 一方、中央では藤原氏の力が通用しない事態が訪れていました。
 天皇と結婚した頼通の娘に男の子が生まれず、
 頼通は「天皇のおじいちゃん」として天皇に口出しすることができなかったのです。

道長の孫

 

 そんな中で、後三条天皇が久しぶりに脱・藤原一族の天皇となり、
 その子供である白河天皇とともに、改革を進めました。

 特に、白河天皇は自分の子供が若いうちに天皇(堀川天皇)にして、
 「天皇の父親である元天皇」として天皇よりも強い権限で政治を行ったそうです。

 このように天皇を自分の子供に譲った元天皇を「上皇(じょうこう)」と呼び、
 その人が天皇に代わっておこなう政治を「院政(いんせい)」と呼ぶそうです。



 天皇だった人がするか、天皇のおじいちゃんがするかの違いはあるものの、
 相変わらず天皇による政治は再び終わってしまいました。
スポンサーサイト

苗字と氏、ついでに姓


 どうもこんばんはライネです。

 
 今日は苗字の不思議についてみていきますよ。
 そもそも今の日本の感覚で言うと一言に苗字と言ってしまうのですが、
 どうやら、「氏」と「苗字」ついでに「姓」も、別々の物なのだそうです。

 私のフラトゥースというのは苗字なのか氏なのか姓なのか・・・。



 時代によっても違うようなのですがざっくり言うなら、
 氏が一番大きな一族を表す名前で、
 姓が朝廷(天皇)との関係を表す名前で、
 苗字が家族を表す名前のようです。



 例えば、私とその子孫たちがえらく頑張って、200年後くらいに
 フラトゥースを名乗る人たちが1万人くらいいたとしましょう。
 
 実際には現在の日本では結婚すると女は名前が変わるケースが多いので、
 氏とか姓とかの制度が残っていないことも加えて以下、空想上のお話しです。 

 
 全国に広がったフラトゥース一族(氏)ですが、
 埼玉のライラ・フラトゥースさんと、北海道のライラ・フラトゥースさんは
 すでに親戚づきあいは全くしていません。
 
 ところが、大学生になって二人は偶然出会ってしまいます。
 「あんたもフラトゥースって言うんだ?」って感じです。

 そこで、区別するために埼玉のフラトゥースさんは「埼」、
 北海道のフラトゥースさんは「北」を自称、他称含めて正式に名乗るようにしました。

 このあたりで、家族を表す苗字が発生します。
 正式名称「ライラ・埼・フラトゥース」さんと「ライラ・北・フラトゥース」さんの誕生です。
 


 さらに、姓というのは天皇の家臣だったりすると「臣」とかの名前がもらえるので、
 「ライラ・埼」さんが何かの功績で名前がもらえた場合、「ライラ・埼・臣・フラトゥース」のように、
 長いフルネームとなるわけです。 
  
 実際には明治時代にこういう面倒なものは整理されたわけですが、
 名前のリストとかを作ったことがある人を代表して、最大級の賛辞を贈らせていただきます。
 グッジョブ!

平と源


 どうもこんばんはライネです。


 苗字のシステムがなんとなくわかったところで、
 今日は「平氏(平家)」と「源氏」のお話です。

 そもそも天皇には苗字に当たるものがないのだそうです。
 けれども、例えばある時点で既に十分な跡継ぎが確保されていたりすると、
 全員を将来の天皇候補として育てるとなると経済的にも大変なので、
 もう確実にこの子まで天皇になるチャンスはないなというような子には、
 苗字(姓)を与えて天皇に使える一般人にしたのだそうです。
 これを「臣籍降下(しんせきこうか)」と呼ぶそうです。


 「平」と「源」はどちらも臣籍降下によって天皇になる資格を失った人々が
 もらった苗字のようなものなのだそうです。
 
 
 「平」と「源」は色々な人に与えられたらしいのですが、
 一般の武士からしてもその辺の人より、名前がある人、
 もっと言えば天皇家の血が混ざっている人をリーダーにしたいと考えたようです。

 また、平、源の名前をもらったとはいえ、一般の貴族でいては、
 藤原氏のような天皇を裏から操るような強力な権力にはかなわず、
 だったら地方で武士のリーダーになったほうがいいと考えたようです。
 うぃんうぃんな関係ですね。

平氏と源氏


 特に、930年代後半には関東と瀬戸内海でそれぞれ武士の反乱がおこり、
 それを関東では平貞盛、瀬戸内海では源経基が解決したそうです。

 この一件で、そもそも国には武士の反乱を抑える力がなく、
 武士には武士の力で抑えなければならないことが知れ渡ってしまい、
 天皇にはなれなかったけれど、重要な役割を担い始めたようです。

崇徳天皇と後白河天皇


 どうもこんばんはライネです。

 平氏と源氏の成り立ちについて調べたところで、
 少し時間を進めて、再び白河天皇(上皇)の時代に戻りましょう。


 脱・藤原氏の摂関政治、そして始まる上皇による院政の時代ですが、
 白河上皇は自分の子供である堀川天皇が亡くなった後も、
 孫の鳥羽天皇(5歳)の後ろで院政を行ったのだそうです。

 さらに鳥羽天皇に子供が生まれると、すぐさまその子を天皇にして、
 白河上皇から見ればひ孫である「崇徳天皇」の後ろ院政を行います。


 ちなみに、資料によって「白河法皇」と書かれていることもあるのですが、
 これは仏教徒として出家した上皇が名乗る肩書なのだそうです。

 また、天皇をやめた人が上皇(出家していれば法皇)になるわけですが、
 この場合、まだ実際の権力は白河法皇が握っているので、
 鳥羽上皇(法皇)はこの時点では元・天皇というだけのようです。


摂関政治・院政

 さて、白河法皇が亡くなった後は鳥羽上皇(法皇)が院政を引き継ぐのですが、
 このあたりでひと悶着あったようです。

 というのも鳥羽上皇は崇徳天皇をやめさせて、崇徳天皇の弟を近衛天皇とします。
 近衛天皇が若くして亡くなると、やはり崇徳上皇の弟を後白河天皇とします。

 崇徳上皇からすると、自分の弟が天皇ですので、その弟の子供が次の天皇になってしまうと、
 天皇としても上皇としても、一度も政治に口出しすることなく終わってしまう状況でした。
 

 そして鳥羽上皇がなくなると、「後白河天皇VS崇徳上皇」の兄弟げんかが勃発したわけです。
 これを「保元の乱(ほうげんのらん)」と呼ぶそうです。

保元の乱での人物関係

 どうもこんばんはライネです。

 今日は先生が休みだったのですが、
 目を離したすきにハンバーグを大量に製造されてしまいました。
 基本的に先生の料理は時間があるときに大量に作って小分けにして置き、
 食べたいときにチンして食べるという方式のようです。
 私は楽だからいいけど・・・。


 今日は1156年、崇徳天皇(上皇)VS後白河天皇の兄弟げんか「保元の乱」です。
 日本の歴史を追いかけるのはあくまでもついでで、
 追いかけているのは集落なので、これまで戦いについては省略してきたのですが、
 このあたりから戦いによって重要人物が左右されるので、触れざるを得ません。


 保元の乱では、単純に崇徳天皇と後白河天皇の対立というだけではなく、
 藤原氏、源氏、平氏の後継者争いでもあったようです。

保元の乱


 崇徳天皇には、平忠正、源為義・為朝、そして藤原頼長がつき、
 後白河天皇には、平清盛、源義朝、そして藤原忠道がつきます。

 天皇家、藤原氏は兄弟の関係、平氏はおじさんと甥の関係、
 源氏にいたっては兄弟親子入り混じった対立関係です。

 
 結局、この戦いには後白河天皇チームが勝利して、
 負けたチームの崇徳天皇はうどんの国へ島流しにされてしまいます。

 その後は仏教徒として戦いで死んだ人のためにお経を書き写すのですが、
 それを京都の寺に収めてほしいと頼んでも拒否され、天皇を恨んで死んでしまいます。


 ちなみに平貞盛に負けた平将門、藤原家との対立で左遷された菅原道真、
 そしてこの崇徳天皇は日本三大怨霊として恐れられているそうです。
プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。