FC2ブログ

五郎丸は名田百姓村


 どうもこんばんはライネです。

 雪じゃなかった!
 それでも寒いことに変わりなく、こたつむりになるのです。


 さてさて、平安時代の中頃には、国を動かしていくはずの中央が腐り始めて、
 地方の政治はぐだぐだになってしまいました。


 地方を見てみると国司が指名した、いわゆる現場監督的な有力農民がおり、
 この人たちは「田堵(たと)」と呼ばれていました。

 現場監督は「この土地は俺が管理してるんだぞ」ということを主張するため、
 自分の名前を付けた農地である「名田(みょうでん)」をもち、
 「名主(みょうしゅ)」と呼ばれるように変化していきます。

 こうやって作られた集落が「名田百姓村(みょうでんひゃくしょうむら)」というもので、
 人名からつけられた地名は現在もちらほら残っているようです。

五郎丸


 やっと集落の話に戻ってきましたね。
 ちなみに、ここは福岡県那珂川町の五郎丸という場所で、
 どうやらラグビーで話題の五郎丸選手はここにルーツがあるようです。(Wikipedia調べ)
 
 

 さらに名主には、自分で土地を広げる「開発領主(かいはつりょうしゅ)」に
 成長する人達もいたようです。

 そういった人は、地方の政治に参加することもあったようですが、
 そんな土地にかかる税金も、役に立たない国司に払わなければいけません。

 というわけで、国司になるような下っ端貴族ではなく、
 もっと格上の貴族に土地を譲って、国司が税金を回収できないようにするケースもありました。
 
 その場合、土地を譲られる側を「領家(りょうけ)」と呼び、
 開発領主は「荘官(しょうかん)」として、そのまま土地の管理を任されたようです。


領家
 

 この、領家というのも地名として残っているケースがあって、
 高校生クイズなどでも有名な、関東有数の進学校である浦和高校の住所は
 さいたま市浦和区「領家」です。

 ここも荘園として発達した集落なのでしょうか。 
スポンサーサイト



プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック