FC2ブログ

渡津の集落


 どうもこんばんはライネです。

 集落が都市に発達しやすい場所の続きです。
 交通の便が良いところに都市が発達するという話を見ましたが、
 むしろ交通の便が悪いのに都市が発達するというケースもあるようです。

 それがこのあたり。

島田と金谷




 大井川を挟んで、「島田」と「金谷」という街があります。
 現在は金谷のほうが島田市に合併して1つの市になっているらしいのですが、
 江戸時代に川の両岸に島田宿、金谷宿という宿場町が作られたことから
 これらの町は大きくなったのだそうです。


 どちらも東京(江戸)と京都を結ぶ東海道の宿場町だったのですが、
 実は東海道を歩いて旅をしていても、大井川を超えるのは大変だったのだそうです。

 というのも、江戸幕府は大井川に橋を架けることを禁止し、
 渡し船も使ってはいけないという命令を出したのだそうです。
 そうすることで、西に住む江戸幕府にとって信用度の低い大名が
 簡単に江戸に攻めてこれないようにしたのだそうです。
 江戸幕府のとって防衛拠点のひとつだったわけですね。
 
 

 ではどうやって大井川を超えればいいかというと、人に持ち上げてもらっていたのだそうです。
 雨などで大井川の水位が高くなると、川が渡れず宿場町で待つしかありません。
 こうして島田や金谷という街は人が集まり、大きな都市へと変わっていったようです。


 ちなみに、こういう川を渡るところのことを「渡津(としん)」と呼んでいます。
 
スポンサーサイト



プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック