FC2ブログ

天と地を明察しよう(新春特別付録・日本の暦一覧表つき)


 新年あけましておめでとうございます、ライネでございます。
 昨年は御愛顧いただきましてありがとうございました。
 本年も引き続きよろしくお願いいたします。


 とはいえ、今日も1/366です。
 今日の夕飯は焼きそばでした・・・。

 そういえば、今年は閏年なんですね。
 1月2日の深夜(日付は1月3日)には、見たいと思っていた「天地明察」がやるようです。
 というわけで予習もかねて特別企画で、暦について調べてみようと思います。


 「暦(こよみ)」とは要するに日付の記し方のことです。
 現在、日本で使われている暦は「グレゴリオ暦(れき)」というもので、
 1582年に「グレゴリオ13世」の命令で作られたものなのだそうです。
 ちなみにこの方はキリスト教(カトリック)の最高聖職者であるローマ教皇でした。

 なお、天地明察でピックアップされる日本オリジナルの暦である「貞享暦」との関係は
 こんな具合です。
日本の暦



 ちなみに暦は大まかに分類すると「太陽暦(たいようれき)」と「太陰暦(たいいんれき)」、
 そして「太陽太陰暦(たいいんたいようれき)」の3つに分けられるようです。

 グレゴリオ暦はこのうちの「太陽暦」に分類されるもので、
 大雑把に言えば地球が太陽の周りを1周する期間をだいたい1年としています。

太陽暦

 一方、「太陰暦」とは月の満ち欠けを基準に1か月を決めるもので、
 満月が欠けて、再び満月になるまでを1か月、それが通常は12回で1年としています。
 
太陰暦


 ただし、月の満ち欠けのサイクル、これを「朔望月(さくぼうげつ)」と呼ぶそうですが、
 月の軌道は本当は少しだけズレがあって一定ではないらしいのです。
 平均的な朔望月はだいたい29.5日くらいですので、12回だと354日となります。
 (実際の朔望月はもっと少し細かいので、太陰暦にもうるう年があるようです)

 太陽暦の1年はだいたい365日ですので、11日というズレが生じてしまうわけです。
 ですので太陰暦を使い続けていると、1年あたり11日ズレが生じてしまいます。



 極端な話、例えば今日から太陰暦と太陽暦を使い始めた場合、
 17年後には太陰暦の1月1日は太陽暦の7月にやってくるわけです。
 (11日×17回=187日、1月1日から187日目は7月5日)

 こういう極端なズレを少なくするために例えば13月を作ったりして直すのが、
 太陰太陽暦というわけです。
 
スポンサーサイト



プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック